1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. リトル・ダンサー
リトル・ダンサー

僕がバレエ・ダンサーを夢見てはいけないの?

リトル・ダンサー

  • あらすじ
  • 作品情報
  • 今すぐ観る

あらすじ

 1984年、イングランド北部の炭鉱町。11歳の少年ビリー・エリオットは、炭鉱労働者の父と兄トニー、祖母と暮らしている。母はビリーが幼い頃に亡くなっていた。。当時のイギリスは炭鉱不況の真っ只中で、父とトニーはストライキに参加中。ビリーは近所のボクシングジムに通っているものの、ボクシング自体に馴染むことができない。そんな時、ジムの隅で開かれているバレエ教室に興味を持つビリー。もともと音楽好きのビリーはバレエに魅せられ、密かに女の子たちに交じって教室に参加するようになっていく。コーチのウィルキンソン夫人はビリーにバレエの才能を見出し、彼女の指導のもとビリーはめきめきと上達。ウィルキンソン夫人はビリーにロイヤル・バレエ学校への入学を勧め、ビリーもその気になり、家族に内緒で受験を試みるのだが。。

注意ネタバレ!

 受験日当日、ストライキのトラブルと重なり家から出れないビリー。結局受験のことは家族にバレてしまう。。父は激怒しバレエを禁止。やり場のない怒りをダンスに込めるビリー。だがその年のクリスマスの日、ビリーの踊る姿を偶然目にした父は、息子の素晴らしい才能に気づく。そして、ビリーをロイヤル・バレエ学校に入学させる費用を稼ぐため、自らの信念を曲げスト破りを決意。兄トニーはスト破りの父を必死に止めようとするが、父は「ビリーの夢を叶えてやりたい」と涙を流すのだった。その事情を知った炭鉱仲間たちのカンパよって、ビリーはロイヤル・バレエ学校を受験。そして見事に合格。月日は流れ15年後、ビリーは父と兄が観客席にいる大劇場の舞台で「白鳥の湖」を踊るのであった。


作品情報

スタッフ
監督:スティーヴン・ダルドリー    
製作:グレッグ・ブレンマン    
   ジョン・フィン    
脚本:リー・ホール    
撮影:ブライアン・テュファーノ    
編集:ジョン・ウィルソン    
音楽:スティーヴン・ウォーベック    
    
キャスト
ジェイミー・ベル   
ジュリー・ウォルターズ    
ゲイリー・ルイス
ジェイミー・ドレイヴン    
アダム・クーパー


© Photofest / Getty Images

Powered byallcinema

今すぐ観る

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. リトル・ダンサー