1. CINEMORE(シネモア)
  2. ドラマ
  3. The Handmaid’s Tale (原題)
  4. 【海外ドラマ】『The Handmaid’s Tale』(原題)長年多くのプロダクションが実写化を諦めてきた曰くつきの作品だった!
【海外ドラマ】『The Handmaid’s Tale』(原題)長年多くのプロダクションが実写化を諦めてきた曰くつきの作品だった!

【海外ドラマ】『The Handmaid’s Tale』(原題)長年多くのプロダクションが実写化を諦めてきた曰くつきの作品だった!

PAGES

  • 1


 海外ドラマの最高峰と呼ばれるエミー賞で見事作品賞を受賞した米Huluのオリジナルドラマ『The Handmaid’s Tale』(原題)。実はこの作品、多くのディレクターやプロダクションが映像を夢見ながら諦めてきた曰つきの作品だった。その理由は、このドラマの原作である小説にある。


 1984年に出版されたマーガレット・アトウッドという女性作家によるベストセラー小説を元にしているのだが、この小説の内容があまりにも過激で、とても電波に乗せられるものではないのだ。女性が「子供を産むためだけの道具」として扱われ、差別され、虐げられ、すべての権利を奪われるおぞましいし世界を描くこの小説。この世界観をこのまま映画やドラマにしようものなら、宗教や性差別など倫理の観点から何らかのルールにひっかかり、放送や公開がとめられてしまう。映像化して世の中に届ける唯一の方法は、“内容を緩める“こと。そのやり方で、1990年、ドイツが実写版の映画を公開しているが、小説の世界観を完全に再現できなかったためか、不評に終わった。



『The Handmaid’s Tale』


 以来、この小説の内容をリアルに映像化し、世の中に届けることはほぼ無理とされてきたのだが、なぜ、2017年にそれが叶ったのか?答えは、「Huluオリジナルコンテンツ」というところにある。そう、ネット配信サービス会社が製作し、配信したからだ。映画やテレビ放送ではないために、厳しい放送上の規定に従う必要がないのだ。ネット配信の特性を大いに活かした結果、内容を緩めることなく小説の世界観をリアルに実写化することが叶ったのだ。結果、ドラマ『The Handmaid’s Tale』(原題)は、2017年の海外ドラマ関連のアワードを総なめにすることになる。



今すぐ観る


作品情報を見る


『The Handmaid’s Tale』(原題)

PAGES

  • 1

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. ドラマ
  3. The Handmaid’s Tale (原題)
  4. 【海外ドラマ】『The Handmaid’s Tale』(原題)長年多くのプロダクションが実写化を諦めてきた曰くつきの作品だった!