1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. バトル・オブ・ザ・セクシーズ
  4. 米大統領選に翻弄されながらも、作り手たちが貫いた想い『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
米大統領選に翻弄されながらも、作り手たちが貫いた想い『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

米大統領選に翻弄されながらも、作り手たちが貫いた想い『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

Index


米大統領選がもたらした社会状況の変化



 映画というものは、製作開始から劇場公開までの隔たりが複数年に及ぶケースがほとんどだ。その間、社会状況が大きく変容してしまう場合もあるし、そういった場合、作品の本質は一貫して変わらずとも、観客側で作り手の予想をはるかに超えた反響が巻き起こる可能性だって大いにありうる。


 例えば、2017年のアカデミー賞では大方の予想を覆して『 ムーンライト』が作品賞オスカーを受賞した。その作品の素晴らしさは当然としても、本作がここまで高い評価を集めた背景には、それを後押しするような、沸々と湧き上がってきた社会状況(アカデミー会員やオスカー候補者に占める白人層の割合、つまり“ホワイトウォッシュ”への批判であったり、あるいは大統領選の中で頻発した多様性を脅かすような発言への反動であったり)があったのは言うまでもない。


 その意味では『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』もまた、社会状況によって少なからず影響を受けた映画と言えるだろう。性差別の撤廃を求めて、女子テニス王者のビリー・ジーン・キングが元王者のボビー・リッグスと伝説的な「性差を超えた戦い」を繰り広げるこの物語は、2013年頃から少しずつ企画が温められ、2015年には本格的な準備段階へと突入した。いよいよ撮影開始を迎えたのは翌年の2016年、春。奇しくも時節は米大統領候補予備選挙のまっただ中で、史上初めての女性候補者が現れようとしていた頃である。ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスら夫婦監督は、こういったベストなタイミングが重なったことで「(この映画によって)現代社会が1973年に比べていかに進化を遂げたかについて描ける」と思っていたそうだ。




 だが、歴史はそんな単純な未来など用意していなかった。誰もが知る通り、大統領選には巨大ライバルが立ちはだかり、その存在感は日に日に大きくなっていった。激戦の最中には他者への容赦ない攻撃や、少数派の人々や女性への敬意を欠くような発言も度々撒き散らされた。そしていつしか女性候補者は敗れ、代わりに予想もしなかった候補者が、大統領として国を率いることとなった。そういった現代社会のうねりの中で、筋書きそのものは当初から全く何も変わっていないにも関わらず、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のトーンは不可思議なほど豹変してしまったという。


 よく知られた話だが、ハリウッドでは映画の製作途中にテスト試写を実施し、観客の反応を確かめるという作業が頻繁に行われる。時にはこの結果によって映画の流れや結末などが大きく変えられることもあるほどだ。




 もちろん本作も幾度となくテスト試写が行われた。そして内容はほとんど変わっていないにもかかわらず、大統領選の前と後とでは観客の反応が全く異質なものへと変わっていたという。選挙後に試写した観客の多くは、映画が描く1973年の状況を生々しく受け止め、「ここに描かれている状況は、決して過去のことなどではない!」と感じたのだ。多少予想していた結果とはいえ、これほどの受け止め方の変化を目の当たりにしたことは、作り手側にとっても大きな衝撃だったという。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. バトル・オブ・ザ・セクシーズ
  4. 米大統領選に翻弄されながらも、作り手たちが貫いた想い『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』