1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション

幸せなはずなのに、ひとりぼっち トーキョーであなたに会えてよかった。

ロスト・イン・トランスレーション

  • あらすじ
  • 作品情報
  • 今すぐ観る

あらすじ

 東京を舞台とする2003年公開のアメリカ映画。

 ハリウッド俳優のボブ・ハリス(ビル・マーレイ)はウイスキーのCM撮影のために来日するが、撮影現場では言葉の厚いの壁に阻まれ、うまく意思疎通が図れない。ホテルではアメリカにいる妻から度々送られてくるFAXにうんざりさせられ、疲れているのに眠れず、一人、ホテルのバーで過ごす日々。一方、シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)は、売れっ子カメラマンの夫について来日し、たまたまボブと同じホテルに滞在していた若妻。仕事で多忙な夫とはすれ違い、ボブと同じく不眠気味であった。互いに孤独感を抱えた二人は出会い、ホテルのバーで初めて言葉を交わす。シャーロットはボブを誘って東京の街に繰り出し、二人はシャーロットの友人である日本の若者たちと、クラブやカラオケで開放的な時を過ごす。かなり年の離れた二人であったが、いつしか、異国東京で行動を共にするようになっていた。


注意ネタバレ!

 次第に縮まっていく二人の距離だったが、ある夜ボブはホテルのバーの歌手に声を掛けられ、酒も手伝って一夜を共にしてしまう。翌朝、ボブの部屋を訪ねたシャーロットは女性の声を耳にし事態を察してしまう。気まずい雰囲気になる二人。その夜、ホテルの火災報知機が鳴り、避難した場所で顔を合わせた二人は仲直りし、ホテルのバーで飲み直す。翌日、アメリカに帰国するボブは、ホテルのロビーでシャーロットに別れを告げる。空港に向かうタクシーの中、ボブは道行くシャーロットの姿を見かけると、思わずタクシーを降り彼女を追いかけてしまう。ボブはシャーロットを抱きしめ、耳元で何かを囁き、二人は初めてキスを交わす。そして、そのまま、笑顔でさよならするのであった。

作品情報

スタッフ

監督:ソフィア・コッポラ

製作:ソフィア・コッポラ

   ロス・カッツ

製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ

      フレッド・ルース

脚本:ソフィア・コッポラ

撮影:ランス・アコード

プロダクションデザイン:K・K・バレット

            アン・ロス

編集:サラ・フラック

音楽:ブライアン・レイツェル

   ケヴィン・シールズ


キャスト

ビル・マーレイ

スカーレット・ヨハンソン

ジョヴァンニ・リビシ

アンナ・ファリス



「ロスト・イン・トランスレーション」

DVD発売中 価格:3,800円+税

発売元・販売元:㈱東北新社

© 2003 LOST IN TRANSLATION INC.

Powered byallcinema

今すぐ観る

関連する商品

  • ソフィア・コッポラのセンスに触れる『ロスト・イン・トランスレーション / サウンドトラック』
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ロスト・イン・トランスレーション