1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ロスト・イン・トランスレーション
  4. 『ロスト・イン・トランスレーション』名匠たちに愛される「トーキョー / ニッポン」の魅力
『ロスト・イン・トランスレーション』名匠たちに愛される「トーキョー / ニッポン」の魅力

『ロスト・イン・トランスレーション』名匠たちに愛される「トーキョー / ニッポン」の魅力

Index


    東京は映画の舞台にふさわしい街?



     『ロスト・イン・トランスレーション』は日本で全編撮影されたが、外国映画の日本ロケは珍しい話ではない。東京に限っても、戦後間もない1948年にはハンフリー・ボガート主演の『東京ジョー』(48)が早くも東京でロケされている。もっとも、ボガートは来日したわけではなく、代役が日本で後ろ姿を撮影したのみ。それ以外のシーンは風景を大量に撮影してハリウッドに持ち帰り、スクリーンプロセスを使うことで、あたかも日本にボガートが降り立ったかのように見せている。


     『ワイルドスピードX3  TOKYO DRIFT』(06年)でも、渋谷の雑踏シーンはゲリラ撮影されたものの、流石に渋谷のスクランブル交差点でドリフトなんぞ出来ないので、カーチェイスシーンは全てアメリカで撮影したうえで日本の背景を合成しており、『東京ジョー』の頃とさほど変わらない。そのため、標識などのディテールで妙な部分が出てきたりする。


     その点、日本映画は――というと、東京が舞台でもロケに融通が効く地方都市で撮影することが多い。例えば、『新宿スワン』(15年)はタイトルからして新宿が舞台だけに、実際に歌舞伎町近辺で撮影されているが、歩くシーンぐらいは可能でも、乱闘シーンなど撮影に手間がかかる場面になると、そうはいかない。そこで撮影に協力的な地域かつ、歌舞伎町に似た場所を探すことになる。結果、選ばれたのは静岡県浜松市。一見、歌舞伎町とは似ても似つかないように思えるが、繁華街の道幅や飲食店の並ぶ通りの雰囲気が似ており、背景に新宿の高層建築やネオンを合成すると、映画を観れば分かるとおり、浜松の町並みを知らなければ、まず気づかない。


     浜松以外にも、都市の景観、工場地帯、港、地下鉄が近くに揃う神戸もロケに使用されることが多い。あるいは、地方に大がかりなセットで東京の一区画を作ってしまうこともある。『容疑者 室井慎次』(05年)では、新宿の繁華街を捜査員たちが追う中、大型トラックに被疑者が轢断されるシーンを撮影するにあたって、福島県いわき市に、伊勢丹からアルタ前までの200メートルをセットで再現。『ドラゴンヘッド』(03年)では、全編をウズベキスタンで撮影し、渋谷駅を全長150メートルにわたってセットで再現している。アメリカ映画の日本ロケに限らず、日本映画でも規模が大きくなればなるほど、東京を舞台にした作品を撮るには、東京から離れなければならない。



    PAGES

    この記事をシェア

    公式SNSをフォロー

    関連する商品

    • ミッシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノらの名匠がそれぞれの視点で東京を切り取る『TOKYO!』
    • 東京の空気感をチョイス。ソフィア・コッポラの洗練されたセンス『ロスト・イン・トランスレーション オリジナル・サウンドトラック』

    新着うんちく

    NEWS / 特集

    人気うんちく

    上映中のおすすめ作品

    counter
    1. CINEMORE(シネモア)
    2. 映画
    3. ロスト・イン・トランスレーション
    4. 『ロスト・イン・トランスレーション』名匠たちに愛される「トーキョー / ニッポン」の魅力