1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. いまを生きる
  4. 『いまを生きる』の教師には、映画より個性的な実在モデルがいた!?
『いまを生きる』の教師には、映画より個性的な実在モデルがいた!?

『いまを生きる』の教師には、映画より個性的な実在モデルがいた!?

PAGES


ロビン・ウィリアムズの追悼記事のタイトルになったフレーズとは?



 しかし、シュルマンのリアルで優れた脚本(アカデミー脚本賞受賞)と、ウィアーの精細な演出、そして撮影場所であるアメリカ、デラウェア州の大自然だけで、果たして『いまを生きる』はこれほどまでに人々の心を打つ作品になり得ただろうか?言うまでもなく、最大の功労者はロビン・ウィリアムズだ。


 彼はこれを生涯最高の1作と公言することを憚らなかった。そしてファンもそれを疑わなかった。その証拠に、2014年にロビンが63歳で他界した時、多くのメディアは『いまを生きる』の印象的なフレーズ、「Captain! My Captain」を見出しに大きく使ったのである。そんなロビンの役柄への献身ぶりと、撮影風景、そして、生徒たちのNow & Then(今と昔)については、次回記事に持ち越すことにしよう。



文 : 清藤秀人(きよとう ひでと)

アパレル業界から映画ライターに転身。映画com、ぴあ、J.COMマガジン、Tokyo Walker、Yahoo!ニュース個人"清藤秀人のシネマジム"等に定期的にレビューを執筆。著書にファッションの知識を生かした「オードリーに学ぶおしゃれ練習帳」(近代映画社刊)等。現在、BS10 スターチャンネルの映画情報番組「映画をもっと。」で解説を担当。 


今すぐ観る


作品情報を見る


© Photofest / Getty Images

PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. いまを生きる
  4. 『いまを生きる』の教師には、映画より個性的な実在モデルがいた!?