1. CINEMORE(シネモア)
  2. CINEMONOLOGUE
  3. 『ウォレスとグルミット』チーズとロケットのコントラスト【川原瑞丸のCINEMONOLOGUE Vol.3】
『ウォレスとグルミット』チーズとロケットのコントラスト【川原瑞丸のCINEMONOLOGUE Vol.3】

『ウォレスとグルミット』チーズとロケットのコントラスト【川原瑞丸のCINEMONOLOGUE Vol.3】


おいしそうなチーズの月と孤独なロボット




  月面に到着したあとも質感のコントラストは際立つ。


 ウォレスがレジャーシートに座り、そのへんの地面の盛り上がりをバターナイフで切り取ってクラッカーに乗せて食べる一連のシーンでは、一見薄黄色の粘土にしか見えない月の地表が、本当に食べられるチーズのように感じられてとてもおいしそうだ。


 柔らかいものと硬いものの対比がうまく出来ているからこそ、バターナイフで切られるチーズに説得力が出ているのだろうなあと思う。


 また月にはひとりぼっちのロボット管理人がいるのだが、黄色い粘土の月面に機械的なキャラクターがぽつんと佇んでいる様子もおもしろい。


 ロボットは勝手に月のチーズを削り取って帰ろうとするウォレスに腹を立てるが、同時に地球に憧れを抱き、発明家と犬を追ってロケットに乗り込もうとする。


 ギリギリのところでロケットは発射し、ロボットは爆発で吹き飛ばされてしまう。彼は再びひとりぼっちになるが、ロケットからはがれた鉄板を使って、憧れのスポーツであるスキーを楽しむのだった。


 異なる質感の強弱が映像に深みを与えている本作の最後も、丸っこいチーズの山を鉄板のスキーで滑るロボットという画で幕を降ろす。


 この『チーズ・ホリデー』のあと、シリーズは『 ペンギンに気をつけろ!』(1993年)、『 危機一髪!』(1995年)と続き、2005年には初の長編映画として『 ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』が公開され、そのつどクレイアニメとは思えない迫力とともにスケールアップし、造形や映像はどんどん綺麗になっている。


 それでもつねに画面には『チーズ・ホリデー』にあった柔らかさと硬さのコントラストが健在だし、綺麗に成形されるようになった人形にしても、やはりどこかにうっすら指紋が残っていてほっとする。それはサインのようなもので、壁紙や食器などミニチュアのイギリス的なかわいらしさや、おしゃれなようでちょっとおバカな雰囲気と同じように、『ウォレスとグルミット』のトレードマークなのだと思う。


『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』を今すぐ観る



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. CINEMONOLOGUE
  3. 『ウォレスとグルミット』チーズとロケットのコントラスト【川原瑞丸のCINEMONOLOGUE Vol.3】