1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 欲望の翼
  4. 『欲望の翼』そして私たちは永遠にすれ違い、片思いは続いていく
『欲望の翼』そして私たちは永遠にすれ違い、片思いは続いていく

『欲望の翼』そして私たちは永遠にすれ違い、片思いは続いていく

PAGES


過ぎ去る時間をフィルムに封じ込め、永遠ともいえる一瞬を演出する



 ウォン・カーウァイの作家としての特性は、時間と場所へのこだわりに発揮される。


 『欲望の翼』でのスー・リーチェンの恋は、それまでほとんど話をしたことがなかったヨディから声をかけられ、一緒に時計を見るように言われることから始まる。「1960年4月16日、3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない」と。この1分の魔術でスーは恋に落ち、彼に身を任す。そしてのちに、ヨディが成り行きで踊り子ミミと関係を持ってからは、あの一分が呪いの様に彼女を苦しめることとなる。あの時、あの1分を共に過ごさなければ、こんな恋の苦しみに身を投じなかったのにと。恋に落ちる瞬間をフィルムに定着させることにおいて、ウォン・カーウァイは天才的だ。


 ミミとの出会いの場面も鮮明だ。養母の若い愛人が養母のイヤリングを盗んだことに激昂するヨディは、養母のナイトクラブの楽屋でその男をしたたかに殴り倒す。そのとき、たまたま楽屋にいたミミはどさくさに紛れ、その真珠を自分のバッグにしまい込むが、ヨディに見透かされ、取り返される。が、瞬時に彼はその一つを彼女に渡し、「もう一つが欲しければ、ついてこい」と誘う。ヨデイ役のレスリー・チャンの一連のクールな佇まいの前にしたら、どんな女性も陥落せざるを得ない。ミミは放り投げられたイヤリングを受け取った瞬間、もうヨディの魔力にかかっているのだ。




だが、ウォン・カーウァイの描く恋は続かない。その思いは常に一方通行で、永遠にすれ違う。なぜなら彼らは、恋に陥る前に、自身のアイデンティティに大きな欠落があって、恋では充足されない寂しさを抱えているから。この永遠の片思いのドラマはその後、『恋する惑星』『ブエノスアイレス』『花様年華』と引き継がれていくこととなる。



PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 欲望の翼
  4. 『欲望の翼』そして私たちは永遠にすれ違い、片思いは続いていく