1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 欲望の翼
  4. 『欲望の翼』そして私たちは永遠にすれ違い、片思いは続いていく
『欲望の翼』そして私たちは永遠にすれ違い、片思いは続いていく

『欲望の翼』そして私たちは永遠にすれ違い、片思いは続いていく


Index


伝説の香港映画は香港返還へのカウントダウンから生まれ落ちた



 1980年代の香港映画は東洋のハリウッドと言われ、ジェッキー・チェンのカンフー映画やチョウ・ユンファ主演の『男たちの挽歌』を筆頭とした黒社会ノワール、そしてツイ・ハークが製作し、多くの亜流を生み出した『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』など、 玉手箱にありとあらゆる娯楽を詰め込んだ大作で栄華を極めていた。


 ところが1990年12月15日、突然変異のように、それまでの香港映画の概念にはなかったアート映画ともいえる一本の美しい恋愛映画が公開された。上映期間はわずか13日間。興行収入もその年の香港映画のベスト30にも入っていない。だが、その影響力は大きく、第10回香港電影金像奨(1991年開催)において、作品賞、監督賞、主演男優賞の三部門を独占する。これが2本目となるウォン・カーウァイ(王家衛)の手掛けた『欲望の翼』である。 



 この作品の特筆すべき点は、それまでの香港映画にほとんど出てこなかった、深く内省する人物が出てきて、彼らの恋愛を巡る心象風景を美しく抽出していることだった。ポイントなのは公開年より30年も前に遡った1960年という近過去を舞台にしていること。1960年というのは製作当時30代前半だったカーウァイをはじめ、20代後半のキャストたちの親世代の青春期にあたり、香港の若い観客にとっては親世代への思いをはせると同時に、香港の歴史を振り返る役目を果たすものにもなった。


 公開から7年先の1997年7月1日には、99年の租借を経て、香港の主権がイギリスから中華人民共和国へと返還、再譲渡される「香港返還」が差し迫っている。自分たちはどこから来て、これからどこへ向かうのか。それまで経済の繁栄を追い求め、ひた走ってきた香港人たちにふと、歩みを止めて、思考するきっかけを与えた作品となったのだ。


 レスリー・チャンが演じる主人公のヨディは養母の金を蝕んでは何もせず暮らす男。彼はサッカー球技場の売り子をするスー・リーチェン(マギー・チャン)や、養母の営むナイトクラブの踊り子ミミ(カリーナ・ラウ)と付き合うが、彼の心はまだ見ぬ生母への思慕が渦巻き、どの恋も彼を満たすことがない。このヨデイの養母と生母を巡る関係性を、イギリスと中国の間で揺れる香港人の「自分の本当の親は誰?」と彷徨うアイデンティティと重ねると、この映画が単なる恋愛映画を越えた示唆に満ちていることがわかるだろう。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 欲望の翼
  4. 『欲望の翼』そして私たちは永遠にすれ違い、片思いは続いていく