1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ターミネーター2 3D
ターミネーター2 3D

ヤツが帰ってきた! 驚異の映像が <3D>でスクリーンに甦る!

ターミネーター2 3D

  • あらすじ
  • 作品情報
  • 今すぐ観る

あらすじ

 1991年公開のアメリカ映画。1984年の『ターミネーター』の続編。

 サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)とターミネーターの死闘から10年が経過した1994年のロサンゼルス。「1997年8月29日に核戦争が勃発し、人類が滅亡する。」という危機を訴えるサラは、精神病院に拘束されていた。一方、未来の指導者となる運命を背負った10歳の息子ジョン・コナー(エドワード・ファーロング)は、養父母に引き取られているものの荒れた生活を送っていた。そんなある日、未来から2体のターミネーターがやって来る。1体はスカイネットからジョン抹殺の使命を与えられた、変幻自在の液体金属で作られているT-1000(ロバート・パトリック)。もう1体はジョンを守るために未来の彼自身によって送り出されたT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)。T-1000はジョンを狙い、その姿を変えながら執拗に追いかけてくるが、身を挺してジョンを守り抜くT-800。その後T-800によって母サラの話が真実であることを知ったジョンは、彼女を救い出すためT-800と共に病院に向かう。ちょうど病院を脱走しようとしていたサラと、ジョンの手がかりを求めて病院にやってきたT-1000、そこへジョンとT-800も到着し、鉢合わせてしまう三者。躊躇なく襲ってくるT-1000と死闘の末、何とか逃げ出すサラとジョンそしてT-800。サラはかつて自身が殺されかけたターミネーターと同じ型のT-800のことを信じることが出来ないが、ジョンとT-800の交流を目の当たりにし、次第にT-800を受け入れていく。。

注意ネタバレ!

 スカイネット誕生につながるコンピュータチップを開発するサイバーダイン社のエンジニア、マイルズ・ダイソン(ジョー・モートン)の存在を、T-800から知らされたサラは、単独でダイソンの家を襲撃し彼を殺害しようと試みる。しかし、駆けつけたジョンに止められ殺害は意味がないと諭される。ジョンたちは、マイルズの研究がサラによって破壊された最初のターミネーターの残骸に基づいていることを知る。一同はスカイネット誕生を断つべく、マイルズを伴ってサイバーダイン社に侵入し、保管されたターミネーターの残骸である腕とチップを盗み出すことに成功するが、逃亡する彼らにT-1000が追ってくる。逃亡の最中、製鉄所で死闘を繰り広げるT-800とT-1000。いくら攻撃しても、すぐに形を変えて再生するT-1000であったが、グレーネードランチャーを撃ち込まれ、溶鉱炉の中へ転落しついに最期を迎える。ジョンは盗み出した腕とチップも溶鉱炉に投げ入れスカイネット誕生を防ぐが、自身にも同じものが内蔵されていること知るT-800は、サラとジョンに別れを告げ、自ら溶鉱炉に身を沈めるのであった。


作品情報

スタッフ

監督:ジェームズ・キャメロン

製作:ジェームズ・キャメロン

製作総指揮:ゲイル・アン・ハード

      マリオ・カサール

共同製作:B・J・ラック

     ステファニー・オースティン

脚本:ジェームズ・キャメロン

   ウィリアム・ウィッシャー

撮影:アダム・グリーンバーグ

特撮:デニス・ミューレン

   ILM

特殊メイク:スタン・ウィンストン

プロダクションデザイン:ジョセフ・ネメック三世

美術:ジョセフ・P・ラッキー

編集:マーク・ゴールドブラット

   コンラッド・バフ

   リチャード・A・ハリス

音楽: ブラッド・フィーデル

主題歌:ガンズ・アンド・ローゼズ


キャスト

アーノルド・シュワルツェネッガー

リンダ・ハミルトン

エドワード・ファーロング

ロバート・パトリック

アール・ボーエン

ジョー・モートン

Powered byallcinema

今すぐ観る

Trailer

出典:https://www.youtube.com/

関連する商品

  • とにもかくにもまずはこれから!ジェームズ・キャメロンの出世作『ターミネーター』
  • 3D版を公開記念の最新フィギュア。デティールが素晴らしい!『 T-800 7インチ アクションフィギュア』
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ターミネーター2 3D