1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. (500)日のサマー
(500)日のサマー

サマーに恋をした、最低で最高の500日。

(500)日のサマー

  • あらすじ
  • 作品情報
  • 今すぐ観る

あらすじ

 2009年公開のアメリカ映画。

 グリーティングカードの会社に勤める建築家志望のライター、トム・ハンセン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は音楽好きな草食系男子。1日目、ボスのアシスタントとして入社したサマー・フィンリー(ズーイー・デシャネル)にひと目惚れする。4日目、エレベーターの中でトムのヘッドフォンから漏れる曲をサマーが聴いたことから、二人は会話を交わすようになっていく。28日目、カラオケの席でトムはサマーに彼氏がいないことを知る。「恋人なんて欲しくない」という彼女と、友達としてつき合い始める。34日目、二人はIKEAの展示している家具で「新婚ごっこ」を楽しむ。盛り上がるトムに対しサマーは「真剣につき合う気はない」と言い、トムも思わず「気楽な関係でいいよ」と答えてしまう。109日目、サマーが初めてトムを自分の部屋に招き入れ、一気に関係が進展すると思われたのだが…。


注意ネタバレ!

 259日目、バーでトムはサマーに言い寄る男を殴り、逆に殴り返されてしまう。そんなトムにサマーは激怒する。一旦は仲直りをするものの、二人の間に溝があることは明らかだった。その後、トムはサマーが会社を辞めたことを知る。親友たちはトムに新しい恋人を作ることを勧めるが、トムはどうしてもサマーのことが忘れられない。402日目、同僚の結婚式に向かう列車内で、トムはサマーに会う。そして、週末のパーティーに誘われる。408日目、期待に胸を膨らませ、パーティーに参加したトムであったが、サマーの左手薬指で輝く婚約指輪を目にしてしまう。ショックで部屋に引きこもってしまうトム。444日目、トムは会社を辞める。450日目、トムは良き相談相手である妹のレイチェル(クロエ・グレース・モレッツ)に諭され、サマーとのことを振り返り、自分を見つめ直す。やがて、トムは建築家の道を目指して就職活動を始める。488日目、お気に入りのベンチでサマーに再会する。彼女はすでに結婚しており、トムの中でサマーへの想いが終わっていく。500日目、トムは面接に訪れた会社で、順番を待つ女性を思い切ってコーヒーに誘う。彼女の名はオータムというのであった。

作品情報

スタッフ

監督:マーク・ウェブ

製作:マーク・ウォーターズ

   ジェエシカ・タッキンスキー

   メイソン・ノヴィック

   スティーヴン・J・ウルフ

脚本:スコット・ノイスタッター

   マイケル・H・ウェバー

撮影:エリック・スティールバーグ

プロダクションデザイン:ローラ・フォックス

編集:アラン・エドワード・ベル

音楽:マイケル・ダナ

   ロブ・シモンセン


キャスト

ジョセフ・ゴードン=レヴィット

ズーイー・デシャネル

ジェフリー・エアンド

マシュー・グレイ・ガブラー

クロエ・グレース・モレッツ



(500)日のサマー  20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

希望小売価格 ¥1,419+税  2012年09月05日発売(発売中)

(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. 

Powered byallcinema

今すぐ観る

Trailer

出典:https://www.youtube.com/
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. (500)日のサマー