1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 麗しのサブリナ
  4. 『麗しのサブリナ』ファンション・アイコンとしてのオードリー・ヘプバーンを生んだ、ジバンシィとの出会い
『麗しのサブリナ』ファンション・アイコンとしてのオードリー・ヘプバーンを生んだ、ジバンシィとの出会い

『麗しのサブリナ』ファンション・アイコンとしてのオードリー・ヘプバーンを生んだ、ジバンシィとの出会い

PAGES


作品を通じた多くの人々との邂逅



 オードリー・ヘプバーンは運がよかった。彼女は作品を通じて様々な人物との出会いを果たしている。彼女が世界的女優へと飛躍できたのは、彼女自身の実力はもちろんのことだが、そうした人々との出会いというのも、大きな理由のひとつに他ならない。


 『ローマの休日』(53)での名声獲得以前に、オードリーは『モンテカルロへ行こう』(52)の撮影のため、モナコ有数の高級ホテル、オテル・ド・パリに滞在していた。オードリーは端役だったので、撮影はすぐに終わる予定だった。しかし彼女はここで人生を大きく変える、運命的な出会いを果たしている。フランス人女流作家シドニー=ガブリエル・コレットとの出会いだ。



Copyright (C)1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved. TM, (R) & Copyright (C) 2013 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.


 この当時のコレット女史は、自身が書いたブロードウェイ戯曲「Gigi(ジジ)」の主演女優さがしに躍起になっていた。ジジに相応しい女優はそう簡単には見つからず、ただ時間だけが無駄に過ぎていくだけだった。そんな中、オードリーとコレット女史は偶然にも、あるいは必然とよべるような、すべてを変える出会いを迎える。


 オテル・ド・パリのダイニングルームで、ヘプバーンの姿を一目見たコレット女史は、おもわず「わたしのジジがいたわ!」と声高に叫んだという。この出会いの後すぐに、オードリーはブロードウェイ舞台劇「ジジ」のタイトルロールで、女優としての初の大役を獲得したのである。



<参考>

オードリー・へプバーンとティファニーで朝食を - オードリーが創った、自由に生きる女性像」(中央公論新社)サム・ワッソン(著)/清水晶子(訳)

スクリーンの妖精 オードリー・ヘップバーン」(シンコーミュージック)ジェリー・バーミリー(著)/河村美紀(訳)



文: Hayato Otsuki

1993年5月生まれ、北海道札幌市出身。ライター、編集者。2016年にライター業をスタートし、現在はコラム、映画評などを様々なメディアに寄稿。作り手のメッセージを俯瞰的に読み取ることで、その作品本来の意図を鋭く分析、解説する。執筆媒体は「THE RIVER」「IGN Japan」「リアルサウンド映画部」など。得意分野はアクション、ファンタジー。



今すぐ観る


作品情報を見る





『麗しのサブリナ』

価格:1,886円+税

発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

Copyright (C)1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved. TM, (R) & Copyright (C) 2013 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

※2019年7月の情報です。

PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 麗しのサブリナ
  4. 『麗しのサブリナ』ファンション・アイコンとしてのオードリー・ヘプバーンを生んだ、ジバンシィとの出会い