1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ローマの休日
  4. 『ローマの休日』珠玉のラブロマンスの裏側に隠された、名前を消された脚本家が託したものとは?
『ローマの休日』珠玉のラブロマンスの裏側に隠された、名前を消された脚本家が託したものとは?

『ローマの休日』珠玉のラブロマンスの裏側に隠された、名前を消された脚本家が託したものとは?


 映画は時代を映す鏡。画面上に描かれる物語の時代背景は勿論だが、舞台裏、つまり製作された時代の空気が作品に反映されることも多々ある。『ローマの休日』はその最たるものだ。この映画を、ローマを訪れた王女と新聞記者のラブロマンスととらえるのは間違いではないが、そう言い切るには複雑すぎる事情が、裏側に隠されている。


Index


キャプラからワイラーへ渡されたバトン



 事の始まりは、映画が公開される4年前の1949年。フランク・キャプラはかつてアカデミー賞に輝いた古典的名作『或る夜の出来事』(34)にアレンジを加えた新作を、ケイリー・グラントとエリザベス・テーラー主演で映画化しようと考えていた。だが、キャプラは希望していた製作費が大幅に削られることを知って、プロジェクトから撤退。代わってメガホンを執ったのがウィリアム・ワイラーだった。




 ワイラーは、当初予定されていたカラー作品がモノクロに変更される等、バジェット面で制約を受けながらも、ハリウッド映画初の本格的ローマ・ロケというコンセプトに大きな期待を抱いた。映画が製作されようとした当時は、アメリカ共和党右派のジョセフ・マッカーシー上院議員等が、国内の共産党員または共産党シンパを排斥しようとした通称"赤狩り"の真っ直中。ハリウッドの映画製作もその大きな影響を被った暗い時代である。リベラル派で知られるワイラーは、赤狩りで仕事を干された仲間たちに次々と声をかけ、映画会社の監視の目が届かない遙かローマへと、意気揚々と旅立ったのだった。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ローマの休日
  4. 『ローマの休日』珠玉のラブロマンスの裏側に隠された、名前を消された脚本家が託したものとは?