1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. スイス・アーミー・マン
  4. 『スイス・アーミー・マン』スパイク・ジョーンズ、ミシェル・ゴンドリーに続け!MV出身、天才たちの系譜
『スイス・アーミー・マン』スパイク・ジョーンズ、ミシェル・ゴンドリーに続け!MV出身、天才たちの系譜

『スイス・アーミー・マン』スパイク・ジョーンズ、ミシェル・ゴンドリーに続け!MV出身、天才たちの系譜


“ケツの穴”に吸い込まれたのはどっちのダニエル?



 “ダニエルズ”もまた、自作の映像で恐るべきパフォーマンスの才能を発揮している。例えば彼らの代表的なミュージックビデオであるDJ Snake&Lil Johnの『Turn Down For What』で、股間を暴れ回らせながら踊りまくっているのは“ダニエルズ”の片割れ、ダニエル・クワンその人。ビデオにはDJ SnakeもLil Johnも登場しないので、完全に主演扱いだ。



 また“ダニエルズ”が2014年に手掛けた短編映画『Interesting Ball』は、ロサンゼルスの街を跳ね回るバスケットボールが、さまざまな人の日常に奇妙な現象を起こすシュールな群像劇。ありえないことばかり起こるのになぜか感動を覚えるのは『スイス・アーミー・マン』に似ている。



 いくつかあるエピソードの中でも最もブッ飛んでいるのが「親友が自分のケツにめり込んで消えていく」編。比喩でもなんでもない。本当に、ふとした拍子に相手のケツの穴に片足が刺さり、そのまま身体中が吸い込まれていくという狂った内容なのだ。そして、このケツ騒動で大熱演を披露しているのがダニエル・クランとダニエル・シャイナートなのだ。


 自分たちの作る世界観を、自分たちの身体で表現できてしまう。これはクリエイターにとって大きなアドバンテージだ。今はスパイク・ジョーンズと並べて語っているが、“ダニエルズ”がストーリーテリングや人物描写をさらに追及していけば、いつか“自作自演の王様”ウディ・アレンを引き合いにして語られる日が来るかも知れない。そんな夢想も、あながち夢想とは言えないのではないか。そんな可能性すら感じさせる“ダニエルズ”、恐るべしである。



文: 村山章

1971年生まれ。雑誌、新聞、映画サイトなどに記事を執筆。配信系作品のレビューサイト「ShortCuts」代表。



今すぐ観る


作品情報を見る



2017年9月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

公式サイト : http://sam-movie.jp/

(c)2016 Ironworks Productions, LLC.


※2017年10月記事掲載時の情報です。

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

関連する商品

  • 映像作家は大体持っている!?スパイク・ジョーンズ、MV/CM傑作選!『DIRECTORS LABEL スパイク・ジョーンズ BEST SELECTION』
  • 同じくミシェル・ゴンドリー、MV/CM傑作選!『DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION』
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. スイス・アーミー・マン
  4. 『スイス・アーミー・マン』スパイク・ジョーンズ、ミシェル・ゴンドリーに続け!MV出身、天才たちの系譜