1. CINEMORE(シネモア)
  2. Director‘s Interview
  3. 『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』日本公開記念!ウィル・ベチャー監督×八代健志監督特別対談【Director’s Interview Vol.46】
『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』日本公開記念!ウィル・ベチャー監督×八代健志監督特別対談【Director’s Interview Vol.46】

『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』日本公開記念!ウィル・ベチャー監督×八代健志監督特別対談【Director’s Interview Vol.46】


ショーンの世界を楽しんで



Q:今回の映画で、悪役側の過去がしっかりと描かれたのは、アードマン作品の中では珍しい試みだと思いました。セリフがない中で表現することは難しかったと思いますが、それがあることで、物語がより深みを持っているところが素晴らしかったです。


ウィル:映画一作目の悪役・トランパーはただただ怒りに突き動かされているキャラクターでした。今回、共同監督のリチャードと僕は、エージェント・レッドをいわゆるヴィラン(悪者)にはしたくなかったんです。


かなり長い時間をかけて、彼女はなぜ宇宙人を捕まえようとしているのか、という動機を見極める作業をしました。例えばお金とか欲とか名誉とか・・・でもそれらはショーンの世界に合わないと思いました。それにそういう理由にしてしまうと、観客が見た時に、大人がわかっても子供はわからないとか、世代間で温度差が出てしまう。


なので、エージェント・レッドには個人的な理由があると思いついた時はホッとしました。難しかったのは観客にどのタイミングでそれを明かすか、でしたね。




Q:過去がわかってから、彼女にも感情移入することができるし、映画として一気に面白くなりました。


ウィル:ありがとうございます。その部分を皆さん楽しんでくださったのは嬉しいです。


Q:今回の映画で、ウィル監督が観客の皆さんに特に観て欲しいと思う見所を教えてください。


ウィル:とにかく、映画として楽しんでいただきたいですね。喜びと、笑いがあり、もし、過去のSF作品のオマージュに、あっ!と気づいてもらえたら。


あとは、それまで知らなかった誰かと築ける友情の大切さ、が響いてくれたら嬉しいですね。


八代:知らない誰かとの友情。それがいつものショーンの世界の中に、ふっと出てきた新しさですよね。みんなそれを感じるんじゃないかなと思います。




対談終了後、ウィル監督から八代監督へ、記念品としてビッツァーの口のパーツがプレゼントされた。人形の顔の下半分を入れ換えて表情を変えるためのパーツだ。つなぎ目を指で馴染ませて消すために柔らかいクレイを使い、人形が喋ったり笑ったりする演技に合わせて、数多くのパターンが作られる。もちろんこれもハンドメイドである。


これは長年クレイアニメによるリップシンク※をお家芸としてきたアードマンが、長い時間をかけて独自に開発してきたもの。「アードマン印」の粋な贈り物に、八代監督はじめTECARATのスタッフたちが沸いた。


※リップシンク…あらかじめ収録された音声に、口の形を正確に合わせるアニメーション技法のこと。




『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』を今すぐ予約する↓






監督:ウィル・ベチャー

1990年代、エジンバラで学生生活を送っているときに、『チキンラン』 (00)のクレイ・アニメーション班に参加しキャリアをスタート。大学卒業後、ニック・パークから『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』(05)のスタッフにスカウトされ、アードマンのアニメーター に。『ザ・パイレーツ!バンド・オブ・ミスフィッツ』(12・未)と 『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』 (15)で、キ ャラクターのクリエイターを務めたほか、「ひつじのショーン シリーズ 5」(16)を監督。その後、『アーリーマン~ダグと仲間のキックオフ! 〜』(18)のアニメーション監督を務めている。


監督:八代健志

東京芸術大学デザイン科卒業。太陽企画にてCMディレクターとして実写を中心に活動する傍ら、様々な手法のストップモーションアニメーションも扱ってきた。2015年TECARATを立ち上げ、人形アニメーションに軸足を移す。脚本・監督のほか、美術、アニメート、人形造形なども手がける。手から作り出される質感を重視し、ストップモーションアニメーションならではの映像を目指している。



取材・文:阿部靖子

1988年生。フリーランスのストップモーションアニメーター。「Eテレプチプチアニメ ワーキングボーシーズ(レストラン編)」「Netflix リラックマとカオルさん(19)」「Honda ORIGAMI(18)」などにアニメーターとして携わる。八代健志監督の「眠れない夜の月」「ノーマン・ザ・スノーマンシリーズ」にもスタッフとして参加した。コマ撮りアニメの魅力を伝えるブログ「コマコマ隊のコマドリル」運営メンバーとしても活動中。



『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』予告


『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』

12月13日(金)、 全国ロードショー

配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

©2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All RightsReserved.



『ごん GON,THE LITTLE FOX』予告


『ごん GON,THE LITTLE FOX』

(新美南吉「ごんぎつね」原作)上映時間:28分

制作・著作:太陽企画/エクスプローラーズ ジャパン

公式サイト: http://gon-project.com/ 

公式twitter: https://twitter.com/gon_tecarat

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. Director‘s Interview
  3. 『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』日本公開記念!ウィル・ベチャー監督×八代健志監督特別対談【Director’s Interview Vol.46】