1. CINEMORE(シネモア)
  2. Director‘s Interview
  3. 上田慎一郎監督は如何にして『カメラを止めるな!』を作ったのか!?~後編~ ※注!ネタバレ含みます!!【Director’s Interview Vol.7.2】
上田慎一郎監督は如何にして『カメラを止めるな!』を作ったのか!?~後編~ ※注!ネタバレ含みます!!【Director’s Interview Vol.7.2】

上田慎一郎監督は如何にして『カメラを止めるな!』を作ったのか!?~後編~ ※注!ネタバレ含みます!!【Director’s Interview Vol.7.2】


「出すんじゃない。出るんだよ!」に込められたテーマ



Q:我慢を重ねた主人公が後半のネタ晴らしパートの冒頭で役者にブチ切れます。あそこがもうホント痛快で、一気に引き込まれました。「出すんじゃない。出るんだよ!」というセリフも印象的でした。


上田:今思えばあのセリフは、この映画のテーマみたいなものでもあるのかなって。メッセージとかテーマって、最初に企画書とかで、この映画は映画愛を描きますみたいなことを書いたら、絶対その嘘くささが出ちゃって、説教くさくなるし、押し付けがましくなると思うんですけど、もうほんとにそういうのは一切考えずにこれは作ったんです。もうとにかく面白いものを、エンターテインメントを追求して作ろうと。テーマやメッセージは、「出すんじゃなくって、にじみ出てくる」と思っていたので。みんなのキャラクターとかも、出すんじゃなくて、出てくるものを信じてやっていたので。だから、あのシーンは結構難しかったですね。




Q:そうですか。どういった部分が難しかったですか?


上田:最初の37分ワンカットのパートで「出すんじゃない。出るんだよ」って言ってた”実”だと思っていたものが、第2幕で、あれはお芝居だったんだ、劇中劇だったんだ、”虚”だったって分かるんですけど、第3幕で、いや、劇中劇なんだけど、あれはやっぱりホントの感情”実”だったんだっていう。


Q:そうですよね。ホントの気持ちが思わず出てしまったアドリブのせりふなわけですからね、設定としては。


上田:「実」だと思ってたものが、あ、「虚」なんだってなって。あ、でもやっぱホントは「実」なんだってなって。


Q:そうですね。2回ひっくり返るわけですよね。


上田:そうそう。それがややこしくなく、すっと分かるように、しかも説明せずに成立するかなっていうのを結構考えていた気がしますね。台本上では成立するかどうか、不安だったんですよ。でも秋山ゆずきちゃん(主演女優のアイドル役)が「よろしくでーす」ってやった時に、「あ、これはキレられるわ」って。説明要らないかなと(笑)。


Q:確かにそうですね(笑)。


上田:文字上で「よろしくでーす」って書いてるだけじゃ、ちょっと不安だったんですよね。




PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. Director‘s Interview
  3. 上田慎一郎監督は如何にして『カメラを止めるな!』を作ったのか!?~後編~ ※注!ネタバレ含みます!!【Director’s Interview Vol.7.2】