1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. グーニーズ
  4. 『グーニーズ』面白くて当然!?若き日のヒットメイカーたちによって生まれた傑作
『グーニーズ』面白くて当然!?若き日のヒットメイカーたちによって生まれた傑作

『グーニーズ』面白くて当然!?若き日のヒットメイカーたちによって生まれた傑作

PAGES


錚々たるヒットメイカーたちの手による『グーニーズ』



 『グーニーズ』では、スピルバーグは原案と製作総指揮にまわり、監督はリチャード・ドナーがメガホンを取った。ドナーは『オーメン』(1976年)『スーパーマン』(1978年)と70年代のヒット作を監督。そして『グーニーズ』の後は『リーサル・ウェポン』(1987年)シリーズを世に送り出す、当時有数のヒットメイカーである。ホラーとアクションの演出ができて更にコミカルな要素も必要なグーニーズの監督にドナーは見事にハマった。スピルバーグ×ドナーという当時のヒットメイカーの組み合わせは結構すごいものがある。




 また、スピルバーグと一緒にアンブリンを設立したキャスリーン・ケネディとフランク・マーシャルも『グーニーズ』の製作総指揮に名を連ねている。撮影当時はスピルバーグ38歳、ケネディ31歳、マーシャル38歳とかなり若いことに驚く。今やキャスリーン・ケネディは、ディズニーに買収されたルーカス・フィルムの社長として、新たな『スター・ウォーズ』シリーズを手がける。まさに世界の映画市場を牽引するトッププロデューサーとして君臨している。


 フランク・マーシャルも『ジュラシック・ワールド』(2015年)では『アバター』『タイタニック』『スター・ウォーズ:フォースの覚醒』に次いで世界第4位の興行収入を叩き出し、まだまだ現役トップクラスのプロデューサーだ。ちなみにキャスリーン・ケネディとフランク・マーシャルはプライベートでは夫婦である。家庭の収入はとんでもないことになってそうだ。。


 これらハリウッドの第一線で活躍し続ける、錚々たるヒットメイカーたちによって『グーニーズ』が生み出されたことを思うと、とにかく楽しくて能天気に思える作品内容も、ヒットの方程式を計算しつくした上で、成立していたのかもしれない。



PAGES

この記事をシェア

おすすめの
関連映画

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. グーニーズ
  4. 『グーニーズ』面白くて当然!?若き日のヒットメイカーたちによって生まれた傑作