1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
  4. 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で振り返る、フィギュアスケートと映画の関係
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で振り返る、フィギュアスケートと映画の関係

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で振り返る、フィギュアスケートと映画の関係

PAGES


金メダリストから俳優への挑戦も…



 物語ではメインではないが、フィギュアスケートが出てくる映画はいくつもあり、たとえばダンス映画の革命的一作『 フラッシュダンス』では、主人公の友人がフィギュアスケートの選手。大会ではローラ・ブラナガンの「 グロリア」を流して演技するのだが(実際、当時のルールではボーカルが入った曲は使えないので、この描写は映画的)、じつはこの「グロリア」、『アイ,トーニャ』でも流れる。ケリガン襲撃の実行犯コンビが、犯行現場に向かう車内で聴いているのだ。もしかしたら『フラッシュダンス』のフィギュアシーンへのオマージュかもしれない。




 そのほか、フィギュアスケートと映画の関係では、長野オリンピック男子金メダリスト、ロシアのイリア・クーリックが、ダンサーを目指す若者たちを描いた『 センターステージ』で俳優デビューしたりしている。『アイス・キャッスル』のリン=ホリー・ジョンソンとは異なり、その後、彼は俳優活動をしていないが、羽生結弦選手が『 殿、利息でござる』に特別出演したように、氷上の「演技者」である名選手たちは、おそらく映画界でも才能を発揮できるはずで、今後、フィギュアスケートからスター俳優に転身する人は、きっと現れるにちがいない。



文: 斉藤博昭

1997年にフリーとなり、映画誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。スターチャンネルの番組「GO!シアター」では最新公開作品を紹介。 



今すぐ観る


作品情報を見る


『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

5月4日(金・祝)より

TOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!

Copyright © 2017 AI Film Entertainment LLC.


※2018年5月記事掲載時の情報です。

PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
  4. 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で振り返る、フィギュアスケートと映画の関係