1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
  4. 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で振り返る、フィギュアスケートと映画の関係
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で振り返る、フィギュアスケートと映画の関係

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で振り返る、フィギュアスケートと映画の関係

Index


テクノロジーの進化も再現度アップに貢献



 フィギュアスケートの歴史の中でも最大のスキャンダルとなった、1994年、リレハンメル冬期オリンピック直前のナンシー・ケリガン襲撃事件。オリンピック代表の争いがきっかけで、ライバル選手に大ケガを負わせるという前代未聞のこの事件で、加害者の一人とされたのが、トーニャ・ハーディングだ。そのハーディングの人生を描いた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は襲撃事件の顛末だけではなく、強烈な性格の母親との関係など、彼女の「本質」にも迫っていく。




 この作品、フィギュアファンも驚かせるのが「再現度の高さ」である。トーニャ・ハーディングの当時のコスチュームが細部まで完璧に再現されるのはもちろん、出場が決まったリレハンメルで演技中に靴紐がほどけ、ジャッジに説明する、こちらもフィギュアスケートの歴史で有名なアクシデントを、まるで当時の映像のように演出。さらに目を見張るのは、トーニャを演じたマーゴット・ロビーの肉体的アプローチで、トーニャの演技中の表情や、独特の手の動きなどを完璧に「再現」してみせるのである。


 もちろんマーゴット・ロビーにしても、オリンピック代表選手のスケーティングに近づくことは不可能だ。軽く滑るシーンなどはマーゴット自身がこなしているものの、演技中の動きはほとんどが違和感のない合成映像になっている。トーニャ・ハーディングといえば、女子選手では公式試合で過去9人しかいない、トリプルアクセルの成功者としても有名。そのトリプルアクセルも映像では力強く再現されており、フィギュアファンを満足させることだろう。


PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
  4. 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で振り返る、フィギュアスケートと映画の関係