1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. パティ・ケイク$
  4. 『パティ・ケイク$』〈ホワイト・トラッシュ〉の生き様を通して描く、新たなコミュニケーションの可能性 ※注!ネタバレ含みます。
『パティ・ケイク$』〈ホワイト・トラッシュ〉の生き様を通して描く、新たなコミュニケーションの可能性 ※注!ネタバレ含みます。

『パティ・ケイク$』〈ホワイト・トラッシュ〉の生き様を通して描く、新たなコミュニケーションの可能性 ※注!ネタバレ含みます。

Index


アメリカ映画に流れる〈ホワイト・トラッシュ〉の血脈



 熱いラップで人生を切り開く女性を描いた『パティ・ケイク$』。サンダンス映画祭で絶賛され、映画ファンが信頼を寄せるFOX・サーチライト・ピクチャーズで配給された本作の監督は、新人のジェレミー・ジャスパー。彼はニュージャージーの貧困家庭で生まれ育ち、自らの体験を物語に色濃く投影することで、青春音楽映画の傑作をものにした。彼が育った白人の貧困家庭、低所得者層は俗に〈ホワイト・トラッシュ〉と呼ばれる。〈ホワイト・トラッシュ〉はトランプ大統領のコアな支持層になったと言われるが、それは「社会から忘れ去らさられた存在」として扱われていた彼らに潜む怒りを、トランプが巧みにすくい上げたからだろう。




  アメリカ映画には〈ホワイト・トラッシュ〉描写が重要な意味を持つ作品が数多くあり、今年の公開作だけでも『 スリー・ビルボード』、『 アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』、『 フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』など、すぐれた作品の中で白人の低所得者層が重要なモチーフとなってきた。『パティ・ケイク$』もその流れの中に位置づけることができるが、そこで描かれるテーマを読み解くのに最適な本がある。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. パティ・ケイク$
  4. 『パティ・ケイク$』〈ホワイト・トラッシュ〉の生き様を通して描く、新たなコミュニケーションの可能性 ※注!ネタバレ含みます。