1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ギルバート・グレイプ
  4. 『ギルバート・グレイプ』ジョニーとレオの巨大な母を演じた女優は天国へ。そして原作者の息子はスターになった。
『ギルバート・グレイプ』ジョニーとレオの巨大な母を演じた女優は天国へ。そして原作者の息子はスターになった。

『ギルバート・グレイプ』ジョニーとレオの巨大な母を演じた女優は天国へ。そして原作者の息子はスターになった。

Index


「家から出られない」女性が突然の映画デビュー



 2017年3月、ある女優の訃報を伝えるニュースが一部の映画サイトなどで流れた。その名は、ダーレン・ケイツ。名前だけ聞いてもピンとこないだろう。しかし、『ギルバート・グレイプ』(93)で母親を演じた女優と聞けば、その顔が思い浮かぶ人も多いはずだ。


 『ギルバート・グレイプ』で息子のギルバートに「海岸に打ち上げられた鯨」と形容されるその巨体は、彼女のありのままの姿である。ダーレンにとって、初めて出演した映画が『ギルバート・グレイプ』だった。原作者で脚本も手がけたピーター・ヘッジズは、1992年、TVのトークショー(「サリー・ジェシー・ラファエル」)で「太りすぎて家を出られない」と紹介された彼女を見て、監督のラッセ・ハルストレムとともに自宅を訪ね、映画出演をオファーした。




 そのTVショーに出演するまで4年間も自宅の外に出なかったダーレンは、ショーの中で自身の過食症を赤裸々に告白。体重が増えすぎたあまり、骨盤内で感染症を引き起こし、2年間、寝たきり状態にもなった。その間だけで体重は70kgも増えたという。体重が270kgにまでなったときは、これ以上、食物を受け付けないように胃の形成手術まで受けている。15歳で結婚し、3人の子供がいるダーレンは、晩年は医師の指導で体重を130kgまで減らすことに成功。2017年には新作映画(『Billboard』)にも出演していたが、眠っている間にこの世を去った。69歳の生涯だった。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ギルバート・グレイプ
  4. 『ギルバート・グレイプ』ジョニーとレオの巨大な母を演じた女優は天国へ。そして原作者の息子はスターになった。