1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ビフォア・サンセット
  4. 「永遠」を生み出し閉じ込めた、奇跡の映画『ビフォア・サンセット』
「永遠」を生み出し閉じ込めた、奇跡の映画『ビフォア・サンセット』

「永遠」を生み出し閉じ込めた、奇跡の映画『ビフォア・サンセット』

※本記事は『ビフォア・サンセット』の物語の核心やラストに触れているため、映画をご覧になってから読むことをお勧めします。


Index



 ジュリー・デルピー、イーサン・ホークが主演した、リチャード・リンクレイター監督による『ビフォア・サンライズ/恋人までの距離(ディスタンス)』(95)。フランスの大学生セリーヌ(ジュリー・デルピー)とアメリカの青年ジェシー(イーサン・ホーク)が、旅先のユーロ・トレインの中で出会い、目的地の途中の都市ウィーンで降りて延々と会話を楽しみ、街を巡りながら14時間ほどのロマンティックなデートをするという恋愛映画だった。


 物語のなかで、二人は半年後にまたウィーンの駅で会うことを約束して別れる。しかし、この恋の行方がどうなるのか描かれないまま映画はラストを迎えた。それから9年後の二人を描いた、続編となる『ビフォア・サンセット』では、この約束が果たされたのかどうかが判明し、またパリを舞台にした新たな二人のひとときが描かれる。デルピー、ホーク、リンクレイターの3人が再び揃い、今回は脚本もこの3人が話し合いながら書かれている。


 前作『ビフォア・サンライズ/恋人までの距離(ディスタンス)』の先進性や作品の奥行きについては、すでに書いているので、そちらを参照いただくとして、ここでは、時間の問題についてさらに哲学的なテーマを描くことで、少なくとも現時点のシリーズのなかで最高の出来となったと同時に、映画史において最も重要な作品の一つにまでなったと考えられる、第2作『ビフォア・サンセット』が到達した境地について書いていきたい。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ビフォア・サンセット
  4. 「永遠」を生み出し閉じ込めた、奇跡の映画『ビフォア・サンセット』