1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. マグノリア
  4. 劇中曲のリレー歌唱と衝撃場面で世界を熱狂させた、PTAの傑作群像劇『マグノリア』※注!ネタバレ含みます。
劇中曲のリレー歌唱と衝撃場面で世界を熱狂させた、PTAの傑作群像劇『マグノリア』※注!ネタバレ含みます。

劇中曲のリレー歌唱と衝撃場面で世界を熱狂させた、PTAの傑作群像劇『マグノリア』※注!ネタバレ含みます。

※本記事は後半の3ページ目以降にネタバレを含みます。未見の方には鑑賞後の閲覧をおすすめします。


Index


「トム・クルーズの映画」として売ることを拒んだPTA



 『マグノリア』は1970年生まれの監督、ポール・トーマス・アンダーソン(以下PTA)の長編第3作。40代前半までに世界三大映画祭すべてで監督賞の受賞を果たし、「若き巨匠」とも評されるPTAだが、『マグノリア』製作当時はまだそれほど名声があったわけではなかった。配給会社のニュー・ライン・シネマは当初、「トム・クルーズの映画」として宣伝することを望んだ。一方PTAは「これは群像劇だから」と拒否し、マグノリアの花弁上に主要キャラクター9人をほぼ均等に割り振ったポスターをデザインして、同様に予告編も自ら編集した。



 このエピソードからは、プロモーションの方針に至るまで妥協しないPTAの強い作家性がうかがえる。ただし、自身の発想やスタイルに徹底的にこだわるタイプというわけでもなく、さまざまなアイデアを取り入れる柔軟な一面もある。たとえば、PTAは本作の発端について、「本を脚色して映画を作るように、エイミー・マンの歌を脚本に翻案するというコンセプトを思いついた」と語っている。一体どういうことだろうか?



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. マグノリア
  4. 劇中曲のリレー歌唱と衝撃場面で世界を熱狂させた、PTAの傑作群像劇『マグノリア』※注!ネタバレ含みます。