1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. パターソン
  4. 『パターソン』キャスティングに込められたジム・ジャームッシュの深謀遠慮
『パターソン』キャスティングに込められたジム・ジャームッシュの深謀遠慮

『パターソン』キャスティングに込められたジム・ジャームッシュの深謀遠慮

Index


双子って同じ人? いえ、違う人が二人並ぶだけ。違うことを受容するパターソンの街



 現在、日本のあちこちの映画館で満員御礼のロングランヒットとなっている映画『パターソン』。


アメリカ、ニュージャーシー州にあるパターソンという町に暮らす、パターソンという名のバスドライバーの、とある一週間をジム・ジャームッシュが瑞々しい感性で綴ったものだ。パターソンは愛妻を起こさないようにそっと早朝にベッドから抜け出し、淹れたてのコーヒーとシリアルの朝食をとり、始発からパターソンの街を練り歩く。毎日、同じパターンの仕事が続くが、彼は詩人でもあり、バスに乗り込んでくる乗客の豊かな会話に耳を傾け、街の息吹やうねりを間近に感じながら、一日を終える。当然のことながら、「乗客」と一言で言っても、乗ってくる人の肌の色も年齢も会話の中身も実にバラバラ。こういう多彩な人たちがいてこそ、街は面白いし、意外性も面白い、と、いうことをジャームッシュは愛情をこめて描いているのだが、そこにちょっと差し込まれるのが双子のエピソード。月曜日、妻のローラは双子を持つ夢を見て、双子が欲しいかとベッドの中でまどろみながらパターソンに問う。それを聞いた後、パターソンは街のあちこちで一卵性双生児の存在に目が行くようになる。


 同じ顔だけど、当然のことながら、双子は別個の存在。でも、同じ顔で、同じ服を着ていると、同じ人に見えがちだし、そう見てしまう。人間が抱きがちな、一方的な思い込みを利用しつつ、ジャームッシュは、同じ街でも全然違う人たちがいることを優しい目線で綴っていく。パターソンの行きつけのバーの亭主は、パターソンの街に関係がありそうな新聞記事を見つけては、それが客の目につくところに張っていく。それがたとえ、「“パターソンのガールズ・クラブ イギー(・ポップ)を世界一のセクシー男に”」と、亭主にとってはよくわからない、遠いトピックであっても、この街を楽しくした証ならば、きちんと壁に貼り付ける。


 パターソンが運転するバスに、ある日、1901年、市民に銃を向けたイタリア国王に憤慨し、殺したアナーキスト、ガエタノ・ブレーシについて話す大学生が乗り込んでくる。この二人、ウェス・アンダーソンが2012年に発表した『ムーンライズ・キングダム』の主演のジャレッド・ギルマンとカーラ・ヘイワードの二人。音楽好きのアンニュイな少女と、ボーイスカウトの青年の12歳コンビが一年の計画を経て恋の逃避行をする物語だったが、この映画をジャームッシュは大好きで、成長した二人にオファーしたという。タイプの全く違う二人が運命的に結びつくという『ムーンライズ・キングダム』のエッセンスは、『パターソン』のパターソンと妻、ローラのカップルに受け継がれている。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

関連する商品

  • 主演二人はジャームッシもお気に入り?ウェス・アンダーソン『ムーンライズ・キングダム』
  • パターソンの妻役ゴルシフテ・ファアハニの名演を観る『彼女が消えた浜辺』
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. パターソン
  4. 『パターソン』キャスティングに込められたジム・ジャームッシュの深謀遠慮