1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. パターソン
  4. フォントファンのためのフォント萌えをするフォント映画。ジム・ジャームッシュ『パターソン』
フォントファンのためのフォント萌えをするフォント映画。ジム・ジャームッシュ『パターソン』

フォントファンのためのフォント萌えをするフォント映画。ジム・ジャームッシュ『パターソン』

Index


    土地に埋もれるカルチャーを鮮やかに掘り起こす作家、ジム・ジャームッシュ



     若い時から老成し、年を取ればその老いを感じさせず、映画の中で熟成と若さを自由自在に提示し続ける作家。それが、ジム・ジャームッシュである。


     彼が描く日常は、地球の時系列からいつもふっと浮遊した軽やかさをたたえる。20代の時からシルバーグレイのどこか仙人のような風貌で、彼の視線を通した風景は、そこが今、経済的には落ち込み、どこか荒れている地であっても、その土地が紡いできた時間と文化の豊かさを浮かび上がらせる。例えば若き永瀬正敏と工藤夕貴がメンフィスに埋もれるプレスリー伝説に触れるために、日本からはるばる出かけていく『ミステリー・トレイン』。この映画の中では、メンフィスに全く知識も思い入れもなく飛行機トラブルのせいで仕方なくこの地に舞い降りてしまうことになる人物も出てきて、永瀬・工藤カップルの精神的な高揚ぶりと好対照を見せる。


     『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』も最初の入口は、自動車産業が廃れ、荒廃したデトロイトでひっそりと暮らす匿名のアンダーグラウンドミュージシャンの物語に見えるが、実は彼はヴァンパイアで、さらにさかのぼると29歳で刺殺されたという中世のイギリスの劇作家で詩人であるクリストファー・マーロウ(1564~93)であることがわかってくる。マーロウは29歳で死んだとされているが、実はウィリアム・シェイクスピアとして生き直したという伝説もあり、彼の長い長い人生と知性を通すと、デトロイトの荒廃した風景も、また違った価値を持ったものに見えてくる。



    PAGES

    この記事をシェア

    公式SNSをフォロー

    おすすめの
    関連映画

    関連する商品

    • 「作品の内容を端的に表す重要なファクター」とタイトルを太明朝にこだわった市川崑『市川崑のタイポグラフィ 「犬神家の一族」の明朝体研究』
    • パターソンの愛する詩人ウィリアム・カーロス・ウィリアムズを読んでみる『ウィリアムズ詩集 (海外詩文庫) 』

    新着うんちく

    NEWS / 特集

    人気うんちく

    上映中のおすすめ作品

    counter
    1. CINEMORE(シネモア)
    2. 映画
    3. パターソン
    4. フォントファンのためのフォント萌えをするフォント映画。ジム・ジャームッシュ『パターソン』