1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 上田慎一郎監督は如何にして『カメラを止めるな!』を作ったのか!?~前編~【Director’s Interview Vol.7.1】
上田慎一郎監督は如何にして『カメラを止めるな!』を作ったのか!?~前編~【Director’s Interview Vol.7.1】

上田慎一郎監督は如何にして『カメラを止めるな!』を作ったのか!?~前編~【Director’s Interview Vol.7.1】


 わずか2館の上映から180館を越える規模に拡大公開!(8月17日時点)異例の大ヒットとなった『 カメラを止めるな!』。連日そのヒットぶりがニュースでもとりあげられ、邦画界ではここ10年で最大の話題作といっても過言ではないだろう。今までありそうでなかった構成のアイデアなど、前代未聞の作品を生み出せた秘密とは何なのか?上田慎一郎監督に、作品の発端や、演出術、ストーリーに込めた思いを語ってもらったロングインタビューを前・後篇の2回に分けてお届けする。


※前篇は核心的なネタバレには抵触していませんが、映画の内容には踏み込んでいますので、映画鑑賞後にお楽しみいただくことを強くお勧めします! 


Index


『カメラを止めるな!』着想の原点とは?



Q:大ヒットおめでとうございます!


上田:ありがとうございます。


Q:『カメラを止めるな!』はどんな経緯で立ち上がった企画だったんですか?


上田:この企画の着想は、2013年にPEACEという劇団(2014年に解散)の『GHOST IN THE BOX!』という舞台を見て、インスパイアを受けて作った作品です。最初のころは、その舞台の脚本家や出演者と一緒に企画開発をしていたのですが、お互いの事情もあって一旦頓挫しました。その後2016年に、とある企画コンペに出してみないか、とかいうお話が来て、基本的な構造以外は登場人物や展開を丸ごと変えて、新しい企画として書き直しました。で、コンペに出したんですけど見事に落ちまして。その落ちた直後に今回のシネマプロジェクトで何か1本映画を作ってみないかというお話が来ました。




 ただ受けた時は、まだ『 カメラを止めるな!』を作るとは決めていませんでした。シネマプロジェクトは応募してくれた人からキャストを選抜して、ワークショップを経て作るんですけど、来た人を見てみないと作れるものが分からないなと思ったんです。オーディションをして、既存のの台本などを使った演技レッスンをして、みんなの個性を知った上で、このメンバーとなら『 カメラを止めるな!』を作れるんじゃないかと思って決めました。


Q:応募してきた人たちを見て、「これならいける!」と?


上田:そうですね。だからもう、先にキャストが決まっていました。 



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 上田慎一郎監督は如何にして『カメラを止めるな!』を作ったのか!?~前編~【Director’s Interview Vol.7.1】