1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 少数精鋭、アナログ主義。TECARAT独自の制作スタイル『ごん GON, THE LITTLE FOX』メイキングvol.6
少数精鋭、アナログ主義。TECARAT独自の制作スタイル『ごん GON, THE LITTLE FOX』メイキングvol.6

少数精鋭、アナログ主義。TECARAT独自の制作スタイル『ごん GON, THE LITTLE FOX』メイキングvol.6


 『ごん』の制作チームを有する「TECARAT」の由来は「手から」だという。その名の通り、どこまでも手作りにこだわる八代監督の現場。その独特な制作スタイルについて取材した。


Index


限界までアナログ勝負



 『ごん』では、できるだけCG(コンピュータグラフィックス)に頼らない、手作りの表現を追求している。そのユニークな発想と、表現力の豊かさは国内外のストップモーション・クリエーターからも注目されている。その一部をご紹介しよう。


 例えば、火縄銃から上がる煙は、手芸用の綿を糸で吊って表現されている。煙を綿で表現するのは、『犬ヶ島』(18)などの他のストップモーション作品でもしばしば見られるが、綿の質感はよく言えばかわいらしく、悪く言えばチープに見えがちだ。(犬ヶ島ではそのチープさを逆手にとってギャグとして成立させている)


 しかし、八代監督の作る綿煙にチープさはない。自然な煙に見えるよう、綿の配置にとても気を使っていることがわかる。またアニメートも絶妙で、煙の流れ方でそこに吹く風の強さまで伝わってくるようだ。




  Vol.4でも触れた、地面に当たって跳ね返る雨粒。手で作ると大変手間がかかるため、CGで表現する作品も多いが、『ごん』では3Dペンを使って作られた。


 3Dペンは樹脂を高温で溶かし、瞬時に固まらせることで造形する「空中に絵が描けるペン」として話題になった。使うのにコツはいるが、この方法なら従来よりも早く作ることができる。しかし、あのグッズにこのような使い方があるとは、なかなか思いつかない発想である。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 少数精鋭、アナログ主義。TECARAT独自の制作スタイル『ごん GON, THE LITTLE FOX』メイキングvol.6