1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. イコライザー
  4. 『イコライザー』主人公ロバート・マッコールが読んでいた「見えない人間」が意味するものとは?
『イコライザー』主人公ロバート・マッコールが読んでいた「見えない人間」が意味するものとは?

『イコライザー』主人公ロバート・マッコールが読んでいた「見えない人間」が意味するものとは?


そして人気シリーズへ



 ところで、デンゼル・ワシントンは続編には出演しないことで知られている。だがご存じのとおり、本作は続編『イコライザー2』(18)が製作された。余程このロバート・マッコールというキャラクターが気に入ったであろう。そして続編でマッコールが読んでいた本の1冊が、タナハシ・コーツの「世界と僕のあいだに」である。現代版「見えない人間」とも称されている1冊だ。本作と続編の繋がりをここにも感じる。



 デンゼル・ワシントンが出演した続編だけでなく、主人公を女性に変えてクイーン・ラティファを主役にしたテレビシリーズ『ザ・シークレット・ハンター』がリブートされ製作されるなんていう噂もある。30年近い時を経ても、世の中を平等にする「イコライザー」の存在を、我々は待ちわびているのかもしれない。



文:杏レラト<あんずれらと>

雑誌「映画秘宝」(洋泉社)を中心に執筆。著書『ブラックムービー ガイド』(スモール出版)が発売中。



今すぐ観る


作品情報を見る





『イコライザー』

ブルーレイ発売中

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(c)2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation and Village Roadshow Films North America Inc. / Village Roadshow Films (BVI) Limited All Rights Reserved.

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. イコライザー
  4. 『イコライザー』主人公ロバート・マッコールが読んでいた「見えない人間」が意味するものとは?