1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. サンダーロード
  4. 『サンダーロード』B・スプリングスティーンからジム・カミングスへ。描き継がれるアメリカ庶民の現実
『サンダーロード』B・スプリングスティーンからジム・カミングスへ。描き継がれるアメリカ庶民の現実

『サンダーロード』B・スプリングスティーンからジム・カミングスへ。描き継がれるアメリカ庶民の現実

PAGES


『サンダーロード』との強いリンクを感じさせる2本の短編作品



 最後に『サンダーロード』をご覧になった人に、カミングスが関わった二本の短編を紹介したい。ひとつ目は、カミングスが監督と共同脚本を手がけた『The Robbery』という2017年の作品だ。



 『サンダーロード』のオリジナル短編と同様にワンシーンワンカットで撮影された本作は、Uberに乗った若い娘がやらかす行き当たりばったりのコンビニ強盗を、ドタバタ劇として描いたもの。やむにやまれぬ切迫感と、身もふたもないバカバカしさの併せ技で、可笑しくも哀しき情感を醸し出す作風は『サンダーロード』にも通じるカミングスの独壇場だ。


 そして言い添えておきたいのが、主人公の娘の名前が「クリスタル」であること。クリスタルといえば、『サンダーロード』のジェームズが絆を築こうと奮闘する愛娘の名前と同じなのだ。同一人物と名言されているわけではないが、まだ幼かった『サンダーロード』のクリスタルが、あの環境で、あの父親のもとで育っていけば、いかにもありえそうな未来である点が実に感慨深いのである。


 二本目は、これまたカミングスのエマーソン大学の同窓で、『サンダーロード』にはクリエイティブ・ディレクター兼サウンドデザイナーとして参加した映像作家ダニー・マッデンによる短編『The STOP』(18)。カミングスは、出演と共同脚本という形で参加している。



 こちらの内容は、ドライブ旅行に出た若者3人が夜道で警察に止められる珍妙な10分間を、リアルとファンタジーを織り交ぜながら描いたもので、『The Robbery』と同じく、ワンシーンワンカットのスタイルで制作された『The Minutes Collection』というシリーズの一遍である。


 そしてこの短編で、カミングスはまさに『サンダーロード』と同じ出で立ちで警官役を演じているのである。一見生真面目だけど実ははた迷惑というキャラも『サンダーロード』そのままで、スピンオフとしても楽しめる趣向なのだ。


 カミングス、マッデン、そして『The Robbery』『The STOP』の両方に共同脚本で参加しているダスティン・ハーンは、まるでチームのようにお互いをサポートしながら創作活動を続けている。これからのアメリカのインディペンデントシーンを牽引するであろう一勢力として、今後も要注目の存在であることは間違いない。



参考記事:

https://maketheswitch.com.au/article/interview-thunder-road-one-on-one-with-actor-writer-director-jim-cummings

https://www.forbes.com/sites/risasarachan/2019/01/03/independent-filmmaker-jim-cummings-on-how-filmmakers-can-create-and-distribute-without-help/#7e70cad14543

https://www.musicbed.com/blog/filmmaking/directing/imagine-that-nobody-is-going-to-help-you-jim-cummings-on-making-unignorable-films/

https://www.thedigitalfix.com/film/feature/audiences-view-thunder-road-as-an-indictment-of-the-american-spirit-right-now-tdf-interview-with-thunder-road-director-jim-cummings/

http://moveablefest.com/jim-cummings-thunder-road-interview/

https://vimeo.com/blog/post/behind-the-video-sundance-winning-thunder-road/

http://www.doubletakemagazine.org/mag/html/backissues/12/steen/index.html



文:村山章

1971年生まれ。雑誌、新聞、映画サイトなどに記事を執筆。配信系作品のレビューサイト「ShortCuts」代表。 



『サンダーロード』を今すぐ予約する↓




作品情報を見る



『サンダーロード』

2020年6月19日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

公式HP: https://thunder-road.net-broadway.com/

PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. サンダーロード
  4. 『サンダーロード』B・スプリングスティーンからジム・カミングスへ。描き継がれるアメリカ庶民の現実