1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. search/サーチ
  4. 『search/サーチ』Google出身の異才に、映画監督への夢を抱かせた一枚の写真とは?
『search/サーチ』Google出身の異才に、映画監督への夢を抱かせた一枚の写真とは?

『search/サーチ』Google出身の異才に、映画監督への夢を抱かせた一枚の写真とは?

※2018年11月記事掲載時の情報です。

Index



米映画界を驚かせた「#AsianAugust」現象



 2018年の夏、全米の映画興行で大きな現象が巻き起こった。普段のこのシーズンであればブロックバスター系のハリウッド映画が有無を言わさず大量の観客をかっさらっていくのだが、今年は8月15日に封切られた『クレイジー・リッチ!』が4週連続で首位を獲得し、累計興収でも1億7千万ドルを突破。アメリカ国内でありながらアジアのパワーを見せつける格好となったのだ。また、これとまさに同時期の17日、Netflixでは”To All Boys I’ve Loved Before”(邦題は「好きだった君へのラブレター」)がリリースされ、大きな反響を呼んだ。




 そしてもう一つ、8月の終わり(24日)に駆け込んできた”伏兵”とも呼ぶべき作品が『search/サーチ』である。本作も、監督・主演俳優ともにアジア系。『クレイジー・リッチ!』に比べると売り上げ規模もさほど大きくはないものの、しかしその前代未聞の面白さによってサンダンス映画祭で観客賞を受賞するなどして、映画ファンの間では公開に向けて期待が高まっていた作品だ。これら3作の快進撃はSNSで「#AsianAugust」などのハッシュタグを介してさらに反響を拡大させていった。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. search/サーチ
  4. 『search/サーチ』Google出身の異才に、映画監督への夢を抱かせた一枚の写真とは?