1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. レ・ミゼラブル
  4. 『レ・ミゼラブル』ミュージカル映画としては異例の「撮影しながら生の歌を録音」で大成功
『レ・ミゼラブル』ミュージカル映画としては異例の「撮影しながら生の歌を録音」で大成功

(c)Photofest / Getty Images

『レ・ミゼラブル』ミュージカル映画としては異例の「撮影しながら生の歌を録音」で大成功

Index


過去にも例が少ない、撮影時の歌唱の使用



 ミュージカルを舞台で観る醍醐味。それはライヴ感なのは言うまでもない。目の前で実際に俳優が歌い、踊る。いくら映画が再現しようとしても、この点だけは舞台をしのぐことは不可能だ。ダンスはともかく、歌は明らかに「録音」されたものを、観客が聴くことになるのだから。


 ミュージカル映画は、撮影前に歌を録音しておくことが基本。その音源に合わせて、俳優は演技をするわけだ。しかし、『ようこそ映画音響の世界へ』(19)で、バーブラ・ストライサンドが『ファニー・ガール』(68)では撮影の際に実際に歌い、その音を使ってほしいと頼んだ事実が明かされたように、事前録音を回避するケースもある。バーブラの場合、自身が舞台で演じた役ということもあって固執したと思われるが(結果的に彼女は本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞)、テレビの音楽番組などでも一般の視聴者に口パクがわかるようになってきた近年、撮影と同録のアプローチは正攻法ともいえる。


 2012年の『レ・ミゼラブル』は、これを実践した画期的ミュージカル映画になった。大量の水など周囲の音が邪魔になるオープニングシーンを除き、ほぼすべての曲が、撮影の際にライヴ録音され、その音源がそのまま本編で使われ、サウンドトラックアルバムになったのである。



 もちろんこの手法は簡単ではない。録音用のスタジオで収録した方が、質の高い仕上がりが得られるのは明らかだからだ。『レ・ミゼラブル』の撮影現場では俳優たちが小さなイヤーピース(ワイヤレスイヤホン)を着け、セットの外部で演奏されるピアノの伴奏に合わせて歌った。ピアノはキーを一定に保つためであり、曲のテンポはあくまでも俳優に任せられた。そのテンポにピアノが伴奏で合わせたのである。こうしてセットで収録されたボーカルの音源に、ポストプロダクションでフルオーケストラの伴奏が加えられた。


 「たとえば3ヶ月前にスタジオで録音した際の感情を、撮影時に俳優がちゃんと思い出すことができるのか? それは難しいだろう」と話すトム・フーパー監督は、ヒュー・ジャックマンとテスト撮影を行い、この方法がうまくいくと確信したという。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. レ・ミゼラブル
  4. 『レ・ミゼラブル』ミュージカル映画としては異例の「撮影しながら生の歌を録音」で大成功