1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. The Beguiled/ビガイルド欲望のめざめ
  4. 画面アスペクト比1.66:1がもたらす心理模様『The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ』
画面アスペクト比1.66:1がもたらす心理模様『The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ』

画面アスペクト比1.66:1がもたらす心理模様『The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ』


限定空間にとどまることを余儀なくされたヒロインたち



 本作に触れた時、私は今見ているものが本当にソフィア作品なのか、と目を疑った。まさか彼女にこれほど鮮烈な心理劇が描けるとは思ってもみなかった。だが、心を落ち着かせて過去のフィルモグラフィーを思い返してみると、様々な共通点が浮かび上がり、まさしくソフィアにしか描くことのできない一作であることが徐々に納得できてくるのだ。


 例えば、多くのソフィア作品のヒロインたちは、何らかの理由によって「特定の場所にとどまること」を余儀なくされる。そこでは世界から隔絶されたかのようにゆっくりと時が流れ、自分の力では脱出できないこの場所で、ヒロインの物憂げな表情が写し取られていく。




 『ビガイルド』でもその基本設定は同じだ。舞台となるのは南北戦争の最中のアメリカ南部、ヴァージニア州。男たちは戦争に駆り出され、他にどこにも行きようのない女子寄宿学校の生徒と教師たちは、この地で身を寄せ合って慎ましい毎日を送っている。そこへ運び込まれてくる傷ついた敵兵が一人。「敵兵であっても、同じ人間であることに変わりはないのだから。」女性たちはキリスト教的精神にのっとって傷の手当とベッドと食事を提供することに。


 しかし、彼女たちが真心をつくし、献身的な看病を続けていると、今度は各々の胸の内に多様な自我が目覚めはじめる。これまで静謐な安定状態にあった集団は、この傷ついた異性の闖入によって、逆に小さなほころびを内包するようになるのである。そして――――。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

おすすめの
関連映画

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. The Beguiled/ビガイルド欲望のめざめ
  4. 画面アスペクト比1.66:1がもたらす心理模様『The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ』