1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. クラム
  4. 『クラム』アメリカン・コミックスの変革者の深淵=狂気を覗き込んだドキュメンタリー
『クラム』アメリカン・コミックスの変革者の深淵=狂気を覗き込んだドキュメンタリー

©1994 Crumb PartnersⅠALL RIGHTS RESERVED

『クラム』アメリカン・コミックスの変革者の深淵=狂気を覗き込んだドキュメンタリー

PAGES


Index


「描いてないと気が変になる」



 アメリカン・コミックスの変革者、ロバート・クラム。彼の半生を描いた映画『クラム』はシンプルにして深甚な「問い」を愚直に追求したドキュメンタリーである。「クリエイターは、なぜ作品で表現し続けるのか」。


 映画、小説、マンガ、音楽…手法は数多あれど、クリエイターは常に自分自身と向き合わざるを得ない。自分は何を表現したいのか、自分の魂からは何が湧き出るのか、それは世界に向けて表現するに足るものなのか…。クリエイターは自身の奥底から響いてくる微かな声に耳をそばだて、その囁きを聞き逃すまいとする。その過程で懊悩し、時に精神のバランスを崩す。



『クラム』©1994 Crumb PartnersⅠALL RIGHTS RESERVED


 本作の冒頭、クラムはこう語る。「描いてないと気が変になる。自殺したくなるんだ。描いていても自殺したくなるけどね(笑)」


 彼の身内には「声」が湧き出し続け、その奔流を制御するため、コミックという表現に打ち込んでいるかに見える。本作は、そんな彼の作家としてのルーツをさぐるため、家族や元妻、恋人に取材し、クラムの内面を徐々にさらけ出していく。その過程は実にスリリングだ。




PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. クラム
  4. 『クラム』アメリカン・コミックスの変革者の深淵=狂気を覗き込んだドキュメンタリー