1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. マイノリティ・リポート
  4. 『マイノリティ・リポート』SF映画の世界が現実に!?フューチャリストの活躍と現実世界への反映
『マイノリティ・リポート』SF映画の世界が現実に!?フューチャリストの活躍と現実世界への反映

『マイノリティ・リポート』SF映画の世界が現実に!?フューチャリストの活躍と現実世界への反映

PAGES


難易度の高い、ホログラムの実現



 アンダートンは毎日自宅に戻ると、誘拐された息子(スペンサー・トリート・クラーク)や、別れた妻(キャサリン・モリス)の映像を見ている。この時、ホログラフィ(ホログラム)(*7)によって映像が立体的に表示されている。


 いかにもSF映画にありがちな表現で、前例は『禁断の惑星』(56)のアルティアや『スター・ウォーズ』(77)のレイア姫など、いくらでも見つかる。しかしこれは、ほとんど実現性がない“夢のテクノロジー”だ。「そんなことはない。私はホログラム映像を見た」という人もいるだろうが、それは詐欺まがいの“偽ホログラフィ”なのだ。


 もちろん静止画レベルなら、写真や印刷の技術を用いて極めて高水準のホログラムが、かなり以前から実現されている。また旧ソ連の  NIKFI の技術は群を抜いており、70~80年代には70mmフィルムを用いたホログラフィック映画の研究もなされていた。しかしこれが電子系動画になった場合、難易度は一気に高まり、現在では数センチ角程度のボンヤリした映像しか実現できておらず、今後数十年での完成も危うい。また完成したとしても、本作で描かれているような、大きく空中に飛び出した立体映像の実現は難しい。



(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. 


 ただしホログラフィと別の技術を用いれば、本作のような表現は現在でも可能である。要は、空間中に光を反射させるものがあれば良いわけで、スモークやミスト、水蒸気などの幕を形成することで、立体的な表現が可能になる。そして実際に、この技術を用いた商品も、米iO2テクノロジー社のヘリオディスプレイや、露アストラハン国立工科大学の学生だったマクシム・カマニンが製品化したDisplAirなど、数多く発売されている。また空気の分子自体を、強力なレーザーでプラズマ発光させるという研究()もある。


 劇中のホログラム映像はILMが担当した。まず俳優たちを1人ずつグリーンバックに立たせ、その演技を11台のビデオカメラで撮影する。ここから立体的な形状を再現していくのだが、この技法をILMは独自にボリューム・カービングと呼んでいた。一般的には、イメージベースド・モデリングやフォトグラメトリーと称される手法だが、ILMはこの分野でライバル会社に後れを取っていた。同社がこの手法を用いたのはこれが最初だったが、その未熟さが逆に効果的で、ホログラムの不安定な雰囲気に合っていたとも言える。


*7 ホログラム: レーザーを使って干渉縞を記録した媒体のこと。ホログラフィ: ホログラムを作る技術のこと。



映画の公開と世界への影響



 この『マイノリティ・リポート』の世界興収は3億5800万ドルに達したものの、期待されたほど爆発的ヒットとは言えなかった。しかし、これを失敗作と考えるのは間違いだろう。作品中に散りばめられたアイデアやデザインの数々は、2回、3回と見直す度に、新しい発見を与えてくれ、その評価は年々確実に高まっている。



(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. 


 そして冒頭で述べたように、「『マイノリティ・リポート』のような……」という言葉は、現代の慣用句となった。例えば、現在普及し始めたAIによる犯罪予測システム(*7)を表現する場合()などに用いられている。


*7 Azavea社のHunchlabは、ニューヨーク市警やシカゴ市警に導入されており、日本でも神奈川県警が導入を検討している。



文:大口孝之 (おおぐち たかゆき)

1982年に日本初のCGプロダクションJCGLのディレクター。EXPO'90富士通パビリオンのIMAXドーム3D映像『ユニバース2~太陽の響~』のヘッドデザイナーなどを経てフリーの映像クリエーター。NHKスペシャル『生命・40億年はるかな旅』(94)でエミー賞受賞。最近作はNHK Eテレ『コングラ CGの教室』(18)の監修。VFX、CG、3D映画、アートアニメ、展示映像などを専門とする映像ジャーナリストでもあり、映画雑誌、劇場パンフ、WEBなどに多数寄稿。デジタルハリウッド大学客員教授の他、東京藝大大学院アニメーション専攻、日藝映画学科、日本電子専門学校などで非常勤講師。



今すぐ観る


作品情報を見る




『マイノリティ・リポート』

ブルーレイ発売中 ¥1,905+税  

公式サイト:http://www.foxjapan.com/minority-report

(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. 

PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. マイノリティ・リポート
  4. 『マイノリティ・リポート』SF映画の世界が現実に!?フューチャリストの活躍と現実世界への反映