1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. チャイルド・プレイ(2019)
  4. リブート版『チャイルド・プレイ』現代テクノロジーの恐怖を描く、新時代のチャッキー映画
リブート版『チャイルド・プレイ』現代テクノロジーの恐怖を描く、新時代のチャッキー映画

リブート版『チャイルド・プレイ』現代テクノロジーの恐怖を描く、新時代のチャッキー映画

PAGES


最先端テクノロジーを備えた新生チャッキー



 初代『チャイルド・プレイ』を現代風に蘇らせたリブート版『チャイルド・プレイ』(19)も、これまでとは一線を画す洗練されたストーリーを備えている。とくにリブート版の新生チャッキーは最先端テクノロジー搭載のデジタル人形で、これまでに登場したセルロイド製の旧チャッキー人形とはまるで異なる描かれ方だ。



 最新鋭のAI(人工知能)を搭載したスマート家電ならぬスマート人形として登場する新生チャッキーは、現代では当たり前となったワイヤレス機器を自在に操作可能となっている。自動掃除機、スピーカー、果てはドローンまで、さまざまな関連製品を無線通信で操作できてしまうのだ。これまでの旧チャッキー人形はというと、ナイフやハンマーなど手持ち凶器を用いて殺人を繰り返してきたが、リブート版では種々のワイヤレス製品を駆使し、ヴァリエーションに富んだ現代的な殺し方を魅せてくれている。




 そして着目すべきは物語だが、本作の基本的なストーリーはシリーズの創始者ドン・マンシーニの“幻のアイデア”に基づいているのだ。



PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. チャイルド・プレイ(2019)
  4. リブート版『チャイルド・プレイ』現代テクノロジーの恐怖を描く、新時代のチャッキー映画