1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. シークレット・スーパースター
  4. 『シークレット・スーパースター』全ての隠された“スーパースター”たちへの讃歌
『シークレット・スーパースター』全ての隠された“スーパースター”たちへの讃歌

『シークレット・スーパースター』全ての隠された“スーパースター”たちへの讃歌


『シークレット・スーパースター』とは誰のことか?



 「部族に取り憑いた悪霊を払うために犬と結婚をさせられた18歳の少女。」これは、2014年に起こったインド発のニュースである。もちろんこのニュースはインドですら非常に極端な例である。


 しかし、世界には「最低でも3人は子供を産め」「女性は子供を産む機械」などの放言を、よりによって国会議員が発信した国もある。同じ国では、受験において男子を優遇する採点をし、あまつさえ発覚したあとも全く無根拠な言い訳をしたそうだ。また、その国では就職活動中の女性のなんと50%がセクハラ被害に遭っているといった統計が出ているらしい。


 また、レイプや痴漢被害に遭うと警察官に「その服装で誘ったのではないか?」「そんな服装で、こんな時間にウロウロしていれば被害に遭うのは当然だ。」など、被害者を責めまでする国もあるらしい。




 『シークレット・スーパースター』が描くのは、封建的な父親の家に生まれた少女に限られた物語では無い。封建的な人間のせいで、思いを隠さざるをえなくなった、世界中にいる多くの女性の物語である。そして、そんな社会にしたくないと考える、男女を問わない全世界の人々に向けられたメッセージでもある。


 映画『シークレット・スーパースター』は「隠された涙」を流させず、歓喜の涙を流させようとする。いや、しかし。涙を隠したい人々にとっては試練の作品でもある。



文: 侍功夫

本業デザイナー、兼業映画ライター。日本でのインド映画高揚に尽力中。



今すぐ観る


作品情報を見る



『シークレット・スーパースター』

2019年8月9日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

公式サイト: http://secret-superstar.com/

(c) AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017


※2019年8月記事掲載時の情報です。

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. シークレット・スーパースター
  4. 『シークレット・スーパースター』全ての隠された“スーパースター”たちへの讃歌