1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ドリーム
  4. 『ドリーム』80年代の傑作『ライトスタッフ』と併せてみるべき理由とは!?
『ドリーム』80年代の傑作『ライトスタッフ』と併せてみるべき理由とは!?

『ドリーム』80年代の傑作『ライトスタッフ』と併せてみるべき理由とは!?

Index


事実に根ざした宇宙映画『ドリーム』がもたらしたもの



 古今東西、様々なタイプの映画はあるものの、「宇宙映画」というジャンルにはその言葉の響きだけで、すでに壮大なロマンを感じさせる力がある。ジョルジュ・メリエスの『月世界旅行』以降、実に多くの映画作家たちが宇宙を描き続けてきたのも、夜空を見上げるとそこにはいつでも無限のキャンバスが広がっているからだろう。だが、これらの“宇宙”がいわゆるSFの舞台として描かれることはあっても、『ドリーム』のような“事実に根ざした宇宙映画”として描かれるケースは意外と少ないことに気づかされる。


 代表的なところでいっても、83年に公開された宇宙映画の金字塔『ライトスタッフ』や、宇宙飛行士たちが陥った未曾有のトラブルを描く『アポロ13』(1995年)などしか思い当たらない。ロシアに目を向けると、かの人類最初の宇宙飛行士に焦点をあてた劇映画『ガガーリン』、さらにオーストラリアではアポロ11号の月面着陸の際に現地の天文台が大きな役割を果たした逸話を描く『月のひつじ』なる映画も製作された。その他には貴重な記録映像をベースにしたドキュメンタリー映画がほとんどである(一方、TVシリーズでは「フロム・ジ・アース/人類、月に立つ」などの名作ドラマも有名だ)。ただし、今後は『ラ・ラ・ランド』のデミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組む新作”First Man”(2018年公開予定/ニール・アームストロングの人生を描く)など、徐々に“事実に根ざした宇宙映画”への注目度も増していきそうだ。




 やや話が逸れたが、本題は『ドリーム』である。60年代のNASAで奮闘する3人のアフリカ系アメリカ人をヒロインに描く本作は、“誰もが知る”マーキュリー計画を、“誰も知らなかった”視点と角度で描き切った点において極めて画期的と言える。人種と性別の壁が行く手を阻んでいたこの時代に、アフリカ系の女性たちの“ヒューマン・コンピューター=計算係”としての尽力が宇宙開発に大きな貢献をもたらしたという事実は、多くの人の心を震わせてやまない。努力と才能と運があれば誰もが壁を突き破って高みを目指すことができるというテーマ自体、まさしく“アメリカン・ドリーム”の根幹を成すものとして受け止めることができるだろう。


 と、この一本だけでも様々な要素に満ちた傑作ヒューマンドラマではあるのは承知の上で、あえてここで一つご提案したいのが、掲題のように「『ライトスタッフ』と併せて観る」という試みである。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

関連する商品

  • 『ドリーム』を観た方には絶対オススメ!80年代宇宙映画の傑作『ライトスタッフ』
  • 同じく実話を元にした宇宙映画の傑作『アポロ13』
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ドリーム
  4. 『ドリーム』80年代の傑作『ライトスタッフ』と併せてみるべき理由とは!?