1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ドリーム
  4. 『ドリーム』傑作ヒューマンドラマを裏で支えた3人の女性とは
『ドリーム』傑作ヒューマンドラマを裏で支えた3人の女性とは

『ドリーム』傑作ヒューマンドラマを裏で支えた3人の女性とは

Index


NASAの宇宙開発をめぐる“知られざる女性たち”の活躍



 スクリーンを通じて勢いの良い風が身体の芯をビュンと吹き抜けていった。世の中には、観ているだけで底知れぬ元気をもらえる映画があるが、本作から受け取る痛快なエネルギーと気持ち良さは格別だ。何よりもNASAの宇宙開発、性差、肌の色をめぐる逆境への挑戦という3つの壁に立ち向かう人たちが描かれている点がたまらない。そして各々の躍動はやがて一つになる。登場人物たちはそこで強く連帯し、エンジンから勢いよく炎を噴射させながら、まるでこの映画の存在そのものを空高く飛翔させていくかのよう。その光景を見上げる私たちも、人類の偉業に立ち会ったかのような臨場感を味わいつつ、そこで語られる“知られざる歴史”に大きく知的好奇心を掻き立てられることだろう。


 そう、これは“知られざる歴史”なのだ。60年代、ヴァージニア州のハンプトンにあるNASAのラングレー研究所には、“ヒューマン・コンピューター”という役割を担う女性たちの存在があった。“compute”には「計算する」という意味がある。当時、宇宙開発につきものの膨大かつ複雑な計算をこなすのはこの部署の女性たちの仕事だった。起用されたのはいずれもこの道を極めた数学者たちばかり。中にはアフリカ系アメリカ人たちも数多く在籍し、当初、白人職員とは異なる西側の建物で職務にあたった彼女たちは“ウェスト・コンピューティング・チーム”とも呼ばれた。




 どれだけ優れていてもアフリカ系女性がなれる職業といえば「学校教師」が精一杯と思われていた時代、メインとなる3人のヒロインたちは逆境に立ち向かいながらも存分に才能の羽根を広げ、それぞれがNASAの宇宙開発に多大な貢献をもたらす存在となっていく――――。この彼女たちの生き様や功績そのものが、女性でありアフリカ系である人々がキャリアを築く上での大きな礎となったことは言うまでもなく、それが国家プロジェクトでもある宇宙事業に直接的に結びついていた事実は、米国史においても極めて重要なシンボル的意味合いを含んでいると言えるだろう。


 興味深いことに一般的な米国民は、この映画『ドリーム』で描かれる事実についてこれまで何も知らなかったという。それゆえ提示された内容に「こんなことがあったのか!」と熱く心を震わせ、人から人へと口コミの輪が広がり、本作は硬派なヒューマンドラマとしては極めて珍しい大ヒット、そしてアカデミー賞各部門へのノミネートへと繋がっていったのである。




PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

関連する商品

  • 思いがバトンをつなぐ傑作『ヘルプ~心がつなぐストーリー~ 』
  • 知られざる実話の物語。原作本「ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS)」

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ドリーム
  4. 『ドリーム』傑作ヒューマンドラマを裏で支えた3人の女性とは