1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 殺人の追憶
  4. 『殺人の追憶』若き巨匠ポン・ジュノ監督初期の傑作、ソン・ガンホ演じるパクが見たものとは?※注!ネタバレ含みます。
『殺人の追憶』若き巨匠ポン・ジュノ監督初期の傑作、ソン・ガンホ演じるパクが見たものとは?※注!ネタバレ含みます。

『殺人の追憶』若き巨匠ポン・ジュノ監督初期の傑作、ソン・ガンホ演じるパクが見たものとは?※注!ネタバレ含みます。


※本記事は物語の結末に触れているため、映画をご覧になってから読むことをお勧めします。


Index


実際の未解決連続殺人事件を若き天才監督が映画化



 韓国で実際に起こった「華城連続殺人事件」は、80年代半ばから90年代初頭にかけて、ソウル近郊の農村で10人もの女性が強姦殺人の被害者となったという凶悪事件だ。


 長らく未解決とされ、時効が成立していたが、ついに2019年に犯人が特定され、妻の妹の強姦殺人によって無期懲役の刑を受けていた囚人だったことが分かった。この凄惨な連続殺人事件を、いまだ犯人が見つからない2003年の時点で映画化したのが、本作『殺人の追憶』である。



 監督は、先頃『パラサイト 半地下の家族』(19)によって、カンヌ国際映画祭・最高賞パルム・ドールを、初めて韓国にもたらした、いまや世界を代表する巨匠のひとりとなっている、ポン・ジュノ。本作『殺人の追憶』は、彼の映画監督としての初期を代表する傑作の一つとして、すでに評価が定まっている映画作品といえる。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 殺人の追憶
  4. 『殺人の追憶』若き巨匠ポン・ジュノ監督初期の傑作、ソン・ガンホ演じるパクが見たものとは?※注!ネタバレ含みます。