1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. レイジングブル
  4. 『レイジング・ブル』スコセッシ、デ・ニーロ、ジョー・ペシの黄金チームはいかにして最初の一歩を踏み出したか?
『レイジング・ブル』スコセッシ、デ・ニーロ、ジョー・ペシの黄金チームはいかにして最初の一歩を踏み出したか?

『レイジング・ブル』スコセッシ、デ・ニーロ、ジョー・ペシの黄金チームはいかにして最初の一歩を踏み出したか?

Index


『アイリッシュマン』とともに、見直したい傑作



 現在、マーティン・スコセッシ監督の最新作『アイリッシュマン』(19)が大きな注目を集めている。この映画は間違いなくスコセッシの集大成的な作品だ。それに、鑑賞中、様々なスコセッシの過去作の呼吸や感触が蘇ってくるという魅力もある。例えばマフィアが絡む一大絵巻という点では真っ先に『グッドフェローズ』(90)や『カジノ』(95)が彷彿させられるし、これらはデ・ニーロ、ジョー・ペシ、スコセッシという黄金トリオを強烈なまでに印象付けた作品でもあった。


 そして全くタイプは違うが、『アイリッシュマン』の余韻に浸りながら筆者の中でじわじわと思い出された作品がもう一つ。1980年公開の『レイジング・ブル』である。



 本作は歳を重ねた主人公の元ミドル級チャンピオン、ジェイク・ラ・モッタの独白で幕を開ける。その姿ときたら、でっぷりと太ってデ・ニーロかどうかも判別しにくい中年オヤジ。それが回想シーンに突入すると顔も肉体も全てが剃刀のように研ぎ澄まされた姿へと変貌を遂げる。また、家庭を顧みずに取り憑かれたように稼業に打ち込む姿や、時を経たところで我が身に去来する“贖罪”もどこか『アイリッシュマン』との共通性を感じさせる。さらに言えば、この伝記映画でもやはりデ・ニーロ、ジョー・ペシ、スコセッシの濃厚な絆は健在なのだった。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. レイジングブル
  4. 『レイジング・ブル』スコセッシ、デ・ニーロ、ジョー・ペシの黄金チームはいかにして最初の一歩を踏み出したか?