1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. アトミック・ブロンド
  4. シャーリーズ・セロンが邁進する妥協なきフューリー・ロード『アトミック・ブロンド』
シャーリーズ・セロンが邁進する妥協なきフューリー・ロード『アトミック・ブロンド』

シャーリーズ・セロンが邁進する妥協なきフューリー・ロード『アトミック・ブロンド』

Index


自らの限界を超えてゆくシャーリーズ・セロン



 彼女の人生は闘いの連続だ。実人生も、そして演じる役柄でも、シャーリーズ・セロンは常に闘ってきた。『モンスター』(03)ではその美貌をかなぐり捨てて人間のおぞましさや心の叫びを体現し、『イーオン・フラックス』(05)では斬新なSF世界で抜群の身のこなしを披露。そして運命の『マッドマックス/怒りのデス・ロード』(15)にて、彼女はスキンヘッド、ノーメーク、義手を装着した扮装で“フュリオサ”を熱演。歴史にその名を刻む史上最強のヒロイン像を誕生させた。だが、キャリア最高の賞賛を手にしてもなお、俳優としてのフューリー・ロードはまだまだ続く。彼女はいかにして、女優としての絶頂期をさらに超えていこうとしているのか?


 その答えを観客の目前に勢いよく叩きつける作品こそ『アトミック・ブロンド』だ。セロンは本作で主演のみならずプロデューサー業も兼務。原作の映画化権を獲得するのはもちろん、極限アクションを具現化できる最高のスタッフを自らの手で揃えてみせた。中でも彼女の覚悟のほどが十二分に伝わって来るのが、監督を務めるデヴィッド・リーチの起用である。




 アクション・スタントの世界で彼の名を知らない者はいない。リーチは数々の伝説的作品を裏方で支え、アクション構築のプロとして業界に革命を巻き起こしてきた人物なのだ。その業績は『マトリックス』(99)シリーズなどでも知られるが、いや、それにも増して大きな驚きをもたらした記念碑的作品として『ジョン・ウィック』(14)を挙げるべきだろう。本作で彼は盟友チャド・スタエルスキーと共同監督を務め、その作品世界に自らの持てるもの全てを思い切りぶちかまして見せた。それができたのも『マトリックス』で苦楽を共にし、アクションの限界に挑んだキアヌ・リーヴスが主演のオファーを快諾してくれたからこそ。そして実はこのキアヌの存在は、今回の『アトミック・ブロンド』にも大きく関与しているのだが、それは後述することにする。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

おすすめの
関連映画

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. アトミック・ブロンド
  4. シャーリーズ・セロンが邁進する妥協なきフューリー・ロード『アトミック・ブロンド』