1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 8 1/2
  4. 映像の魔術師フェリーニが『8 1/2』で描きだすイマジネーションの泉
映像の魔術師フェリーニが『8 1/2』で描きだすイマジネーションの泉

映像の魔術師フェリーニが『8 1/2』で描きだすイマジネーションの泉

Index


生誕100周年を迎えた巨匠の代表作



 2020年1月20日、フェデリコ・フェリーニは生誕100周年を迎えた。イタリア映画の黄金期を牽引した彼はすでに’93年に死去しているものの、彼の手がけた幻想的な作品たちはその後も一向に色あせることなく、映画ファンたちの間で「生きる歴史」として愛され続けている。


 中でも『8 1/2』(63)はフェリーニの代表作というべきものだ。他にも『』(54)や『甘い生活』(60)などの有名作はあるものの、登場する主人公がフェリーニの投影であること、すなわち「自我」を濃厚なまでに浮かび上がらせた点において、これはある意味、身も心も全てさらけ出した映画と言えるのかもしれない。



 彼の作る映画はよく「サーカス」に例えられる。同時代に脚光を浴びてライバルとも目されたヴィスコンティの作る映画がオペラならば、フェリーニ作品はサーカスなのだと。聞くところによると、幼い頃からサーカスに憧れ、あわよくば家出して一座と一緒に旅したいとさえ願っていたという彼。大人になって夢を具現化する手段を手に入れた時、それがサーカスそのものになっていたのも当然といえば当然だ。とすると、彼の投影である主人公グイド(マルチェロ・マストロヤンニ)はさながら一座の中心に立つ道化師といったところだろうか。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 8 1/2
  4. 映像の魔術師フェリーニが『8 1/2』で描きだすイマジネーションの泉