1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. パニック・ルーム
  4. 『パニック・ルーム』主役の交代、まさかの妊娠…パニックだらけの撮影舞台裏とは?
『パニック・ルーム』主役の交代、まさかの妊娠…パニックだらけの撮影舞台裏とは?

『パニック・ルーム』主役の交代、まさかの妊娠…パニックだらけの撮影舞台裏とは?

PAGES


超一流のスタッフとキャストを招聘…そこからが悪夢の始まり



 登場人物の少ない密室劇であるが故に、キャスティングには細心の注意が払われた。主人公のメグには、人気と実力を兼ね備えたニコール・キッドマン。その娘役サラには、「アリー my Love」でキャリスタ・フロックハートの娘を演じていた、ヘイデン・パネッティーアが抜擢される。


 強盗団の一人バーナム役には、フォレスト・ウィテカー。元々のデヴィッド・コープの脚本では、威圧的な白人男性として書かれていたが、フィンチャーが「金銭的に追い詰められた、心優しい黒人労働者の方がリアリティがでる」と判断して、のちのアカデミー主演男優賞俳優が選ばれた。


 凶暴な性格のラウール役には、ドワイト・ヨアカム。彼はカントリー歌手として2度のグラミー賞受賞に輝くミュージシャンだが、独特な風貌を活かして映画にも多数出演。ビリー・ボブ・ソーントンが監督した『スリング・ブレイド』(96)では粗暴な男を圧倒的な存在感で演じきり、デヴィッド・フィンチャーのお眼鏡に叶うこととなった。



 計画の立案者であるジュニア役には、後年『ダラス・バイヤーズクラブ』(13)でアカデミー助演男優賞に輝くことになるジャレッド・レト。この役は最後まで難航していて、エージェントの勧めでジャレッド・レトをオーディションすることになったが、彼はラッパー風の出で立ち+金歯というぶっ飛んだ格好で現れ、フィンチャーを辟易させてしまう。


 しかし2度目のオーディションでは、役を完全に理解した上で髪型を細かい三つ編みに変更。見事ジュニア役をゲットする。フィンチャーとは、『ファイト・クラブ』に続いて2度目のコラボレーション作品となった。


 撮影監督には、ジャン=ピエール・ジュネ、ロマン・ポランスキーといった巨匠の作品を支えてきた名カメラマンのダリウス・コンジ。音楽には、『ロード・オブ・ザ・リング』でアカデミー作曲賞賞を受賞しているハワード・ショアを招聘。超一流のスタッフとキャストが結集して、撮影は順調に進む…かに思われたが、ここからが悪夢の始まり。デヴィッド・フィンチャーは、予期しないトラブルに次々と見舞われることになる。



PAGES

この記事をシェア

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. パニック・ルーム
  4. 『パニック・ルーム』主役の交代、まさかの妊娠…パニックだらけの撮影舞台裏とは?