1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. マッドマックス
  4. 『マッドマックス』監督ジョージ・ミラーは、低予算での映画製作をどう切り抜けたのか
『マッドマックス』監督ジョージ・ミラーは、低予算での映画製作をどう切り抜けたのか

『マッドマックス』監督ジョージ・ミラーは、低予算での映画製作をどう切り抜けたのか


Index


オーストラリアの社会問題を描き出す、啓蒙的秀作



 オーストラリアを代表する映画作家の一人、ジョージ・ミラー。彼の長編処女作『マッドマックス』(79)は、オーストラリア映画の先駆け的作品であり、その存在は後世の創作物――映画をはじめ大衆向けの文化全般――にも少なからず影響を及ぼしている。今や映画史を語る上では欠かすこと不可避な存在であり、重要な位置を占めた意義深い作品である。


 そんな監督のジョージ・ミラーは、学生時代に短編映画を製作し、その作品がコンクールで最優秀賞に輝いたことを機に、映像業界に足を踏み入れる。数本の短編映画を製作したのち、商業用長編作品として最初に手がけたのが『マッドマックス』だった。


 本作の脚本の“凄み”は、70年代当時のオーストラリアで社会問題とされた暴走族と、その暴走族による非行、犯罪を、物語の深部に埋め込んだ点であろう。また、荒廃した近未来のオーストラリアを描き出し、俗に言う“世紀末”を普遍的な創作ジャンルとして確立させた事実は、大いに評価されるべき部分だ。



 本作で描き出される近未来のオーストラリアでは、社会倫理が崩壊し、治安状況は悪化の一途をたどっている。その当時の暴走族問題を内包し、“暴走族による凶悪事件が蔓延する、最悪の近未来”として描き出される。非現実的に思えてその実は、社会問題を反映する啓蒙的作品であると言えよう。


 本作における未来世界のオーストラリアでは、暴走族専門の特殊警察メインフォース・パトロール(Main Force Patrol, M.F.P.)が組織されており、同組織所属の敏腕警官マックス・ロカタンスキー(メル・ギブソン)の視点から復讐劇を描き出している。マックスは、特殊警察用の改造パトカー(V8インターセプター/パスゥート・スペシャル)を奪って逃走している凶悪犯、ナイトライダー(ヴィンス・ギル)を発見。カーチェイスの末に追い詰めるが、ナイトライダーは運転操作を誤り、車は横転。そのまま車は炎上し、ナイトライダーは爆死してしまう。暴走族を率いるトーカッター(ヒュー・キース・バーン)は、友人であるナイトライダーの死の報せを聞き、報復としてM.F.P.襲撃を画策。マックスの親友、そして愛する家族に危険が迫ろうとしていた……。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. マッドマックス
  4. 『マッドマックス』監督ジョージ・ミラーは、低予算での映画製作をどう切り抜けたのか