1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. コレクティブ 国家の嘘
  4. 『コレクティブ 国家の嘘』ルーマニア発のドキュメンタリー映画が日本人に問いかけること
『コレクティブ 国家の嘘』ルーマニア発のドキュメンタリー映画が日本人に問いかけること

©Alexander Nanau Production, HBO Europe, Samsa Film 2019

『コレクティブ 国家の嘘』ルーマニア発のドキュメンタリー映画が日本人に問いかけること

PAGES


Index


大火災が炙り出す国家的汚職の恐るべき実態



 2015年10月30日、ルーマニアの首都ブカレストにあるライブハウス”コレクティブ”で、演出に使われた花火が周囲に燃え広がり、27人が死亡、180人が負傷するという大火災が発生。さらにその後数ヶ月の間に、複数の病院に入院していた火災の負傷者が次々と死亡。最終的な死者数は64人に膨れ上がってしまう。いったい何故そんなことになったのか?


 ドキュメンタリー映画『コレクティブ 国家の嘘』(19)は、この疑問を徹底的に掘り下げていく。製作と撮影も兼任するルーマニア人のアレクサンダー・ナナウ監督は、調査に乗り出した新聞社のオフィスにカメラをセッティング。編集者チームが事実を究明していくプロセスを追いながら、ルーマニア全体を蝕む汚れた体質を炙り出す。その耳を疑うような事実の羅列は、まるでスリリングな社会派ドラマのようだが、それらは全て現実だ。


『コレクティブ 国家の嘘』予告


 老舗スポーツ紙”ガゼタ・スポルトゥリロル紙”の編集長カタリン・トロンタンは、公立病院で使用されている消毒剤の濃度が、故意に薄められているとの情報を入手する。さらに、製薬会社が濃度表示を偽造していたこと、そして、政府が製品の検査を怠っていたことが次々と明らかになる。火災の被害者たちは病院に運ばれた後に、火傷ではなく感染症により尊い命を落としたのである。


 保健相(日本で言えば厚労大臣)は事実の検証を求めるメディアに対し、消毒剤の濃度は95%で適正だったと反論する。しかし、薄められた消毒剤による細菌感染で、以前から死者が相次いでいた事実を政府が見逃していたことが分かり、”ガゼタ紙”はそれを紙面に掲載。すると大規模な抗議活動が巻き起こり、保健相はあっさり辞任。続いて、製薬会社のCEOダン・コンドリアに対する捜査が開始される中、政府は会見を開いて遂に事実を認める。コンドリアが交通事故で不可解な死を遂げたのはその直後のことだった。




PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. コレクティブ 国家の嘘
  4. 『コレクティブ 国家の嘘』ルーマニア発のドキュメンタリー映画が日本人に問いかけること