1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ドニー・ダーコ
  4. “正統な続編”企画が期待される『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カットが解き明かす秘密とは!?※注!ネタバレ含みます。
“正統な続編”企画が期待される『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カットが解き明かす秘密とは!?※注!ネタバレ含みます。

“正統な続編”企画が期待される『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カットが解き明かす秘密とは!?※注!ネタバレ含みます。


"less is more"か、"more is less"か



 ここまで見てきたように、オリジナル版では謎のまま残されていた多くの要素が、ディレクターズ・カットでは『時間旅行の哲学』のテキストが添えられ、解釈を助けてくれる。だが、『ドニー・ダーコ』が分かりやすい映画になることが果たしてよいことなのか、という疑問は残る。


 ケリー監督は『The Donnie Darko Book』のインタビューの中で、オリジナル版の謎についてこう語っている。


 「古い格言の『少ないほうが豊かである(less is more)』に習い、謎を保とうとした。何を明らかにし、何を隠しておくかを慎重に選んだ。多くの場合は予算の都合によるものだったが」


 オリジナル版の『ドニー・ダーコ』には多くの謎が残されていたからこそ、観客は想像力を膨らませ、さまざまな解釈を楽しみ、カルト的人気を博していった。だが、DVDセールスが好調だったことでディレクターズ・カットが製作され、説明が加わって謎が減った分、解釈の余地が狭まってしまった("more is less"と言ってもいい)。なんとも皮肉ではないか。



文: 高森郁哉(たかもり いくや)

フリーランスのライター、英日翻訳者。主にウェブ媒体で映画評やコラムの寄稿、ニュース記事の翻訳を行う。訳書に『「スター・ウォーズ」を科学する―徹底検証! フォースの正体から銀河間旅行まで』(マーク・ブレイク&ジョン・チェイス著、化学同人刊)ほか。



今すぐ観る


作品情報を見る



『ドニー・ダーコ』

ブルーレイ発売中

発売元:ポニーキャニオン/アスミック・エース/テレビ東京

販売元:ポニーキャニオン

(C)2001 PANDORA INC.ALL RIGHT RESERVED

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ドニー・ダーコ
  4. “正統な続編”企画が期待される『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カットが解き明かす秘密とは!?※注!ネタバレ含みます。