1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ドニー・ダーコ
  4. “正統な続編”企画が期待される『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カットが解き明かす秘密とは!?※注!ネタバレ含みます。
“正統な続編”企画が期待される『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カットが解き明かす秘密とは!?※注!ネタバレ含みます。

“正統な続編”企画が期待される『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カットが解き明かす秘密とは!?※注!ネタバレ含みます。

Index


『S・ダーコ』と“正統な続編”をめぐって



 2004年に公開された『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カット版の話をする前に、続編の話題に触れておきたい。ドニーの妹サマンサを主人公とする『S. Darko』(邦題は『 ドニー・ダーコ2』)が2009年にリリースされる。劇場公開はされず、DVDスルー。批評家たちによる評価は低く、前作のファンも失望した。


 リチャード・ケリー監督は、基となるキャラクターの作り手としてクレジットされているのみだ。2017年4月の PopMattersのインタビューで、続編についてこう語っている。「僕は『S. Darko』に関わらなかった。自分では『ドニー・ダーコ』続編製作の権利をコントロールしていない。(製作に関する契約を結んだ)当時は24歳で、続編の権利を手放すしかなかったんだ」




 さらに、自身による続編の可能性についても示唆している。「はるかに大きな、より野心的なことに取り組む気は満々で、それが新しいストーリーにつながるかもしれない」「他人にはリメイクしてほしくない。僕はいま野心的に事を進めていて、お金もかけている。(僕自身が作る続編を)楽しみに待っていてほしい。」



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ドニー・ダーコ
  4. “正統な続編”企画が期待される『ドニー・ダーコ』ディレクターズ・カットが解き明かす秘密とは!?※注!ネタバレ含みます。