1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. レディ・プレイヤー1
  4. 【ネタバレ無し!】『レディ・プレイヤー1』71歳のスピルバーグが牽引してきた世界最先端のバーチャル・プロダクション
【ネタバレ無し!】『レディ・プレイヤー1』71歳のスピルバーグが牽引してきた世界最先端のバーチャル・プロダクション

【ネタバレ無し!】『レディ・プレイヤー1』71歳のスピルバーグが牽引してきた世界最先端のバーチャル・プロダクション


さらなる実写とCGとのハイブリッドな世界へーー『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』



 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』でバーチャル・プロダクションに手応えを感じたスピルバーグは、このテクニックをベースに次なる表現領域へと歩みを進めていく。それが2016年製作の『 BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』だ。


 同作は「 チャーリーとチョコレート工場」で知られる作家ロアルド・ダールの児童文学を原作とし、孤児院の少女と優しい巨人BFGとの心を交流を描いたファンタジーだが、そのため劇中では生身の俳優とデジタル・キャラクターの巨人が同フレームに存在するという、フルCGの『タンタン』とは違ったハイブリッドな表現の必要に迫られている。



 そこで本作では『タンタン』でのメイキング・プロセスに加え、生身の俳優を撮影するカメラにCGのラフ画像をオンタイムで合成し、モニター上で可視化のうえ演出できる「サイマルカム」を用いるなど、実写作品を撮影しているのと変わらぬテクノロジーによって手がけられたのだ。


PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. レディ・プレイヤー1
  4. 【ネタバレ無し!】『レディ・プレイヤー1』71歳のスピルバーグが牽引してきた世界最先端のバーチャル・プロダクション