1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. スナッチ
  4. 『ワイルド・バンチ』やモハメド・アリの影響も!?タイトル・バック誕生秘話!『スナッチ』
『ワイルド・バンチ』やモハメド・アリの影響も!?タイトル・バック誕生秘話!『スナッチ』

『ワイルド・バンチ』やモハメド・アリの影響も!?タイトル・バック誕生秘話!『スナッチ』


モハメド・アリの画集から得たインスピレーション



 かくしてクリエイター・デュオによる本格的なプロセスが始まった。「さて、どうしたものか」と頭を悩ませた彼らは、まずこの映画が持つ「ボクシング」という要素に目をつけた。本作には裏社会の“賭けボクシング”が幾度も登場し、ブラッド・ピットもまたムキムキのファイターとして、リング上で波乱を巻き起こす。これらを糸口に、何かいいアイディアが見つからないものか。そんな中で手にした一冊の画集「 Muhammad Ali: Ringside」が、彼らに多大なインスピレーションをもたらすこととなる。




 そこには時代を席巻したファイター、モハメド・アリにまつわる二色刷りのポスターが多数掲載されていた。それらはいずれもアリの表情や勇姿をダイナミックにあしらったデザインで、その狭間には高揚感みなぎる手描きの文字が華々しく躍る。「これだ!」とヒルトンとクロスの心の声が叫んだ。被写体の魅力や個性を濃厚なまでに抽出し、色付けしたこれらのポスターは、登場人物一人一人を輝かせる術を模索していた二人にとって、まさに「答え」ともいうべきものだった。


 その結果、彼らは「各キャラクターの個別ポスターを作る」というアイディアに辿り着く。もちろんタイトル・バックは映像ゆえ、正確に言えば「動くポスター」ということになるだろう。つまり手法としては「各々の登場シーンの中の、最も個性あふれる瞬間で画面を(ポスターのように)静止させ、インパクトのある文字をガツンと添える」わけである。


 こうして主要キャラの数だけ名前入りのポスター(静止画)を織り成していくというコンセプトが出来上がり、プレゼンを受けたガイ・リッチーもこのアイディアを気に入り、正式なゴーサインが出されることになった。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. スナッチ
  4. 『ワイルド・バンチ』やモハメド・アリの影響も!?タイトル・バック誕生秘話!『スナッチ』