1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 黒い十人の女
  4. オリジナルに垣間見る市川崑テイスト『黒い十人の女』
オリジナルに垣間見る市川崑テイスト『黒い十人の女』

オリジナルに垣間見る市川崑テイスト『黒い十人の女』

Index


    ご褒美として作られた『黒い十人の女』



     いつも思うことだが、映画が不思議というか不可解なのは、作り手が思い入れたっぷりに力を注いだ力作が、必ずしも傑作にはならないという事実だ。数多くの名作を送り出した市川崑にしても、それほど乗り気ではなかった企画の方が秀作になってしまうというジンクスがある。三島由紀夫の『金閣寺』を映画化した『炎上』(58年)にしても、近年、塚本晋也監督によって再映画化された『野火』(59年)にしても、市川崑自身は実は、それほど映画化に積極的ではなかった。周囲に勧められるうちに、その気になっていったというのが実情のようだ。


     なーんだ、と思いそうになるが、逆に原作に惚れ込みすぎると、客観的に見えなくなり失敗作になることがある。むしろ、映画向きではないと思っていた原作を、映画にするにはどうすれば良いかと戦略を練ることが、優れた脚色を生み出すようだ。


     『炎上』(1958年度キネマ旬報ベストテン4位)、『野火』(1959年度キネマ旬報ベストテン2位)、『』(1959年度キネマ旬報ベストテン9位)と、難易度の高い文芸映画の映像化を成功させてきた市川崑は、幸田文原作の『おとうと』(60年)で、1960年度キネマ旬報ベストワンを、ぶっちぎりの大量得点で受賞した。


     当時、市川崑は大映に所属しており、『おとうと』の〈ご褒美〉のような形で、次回作は好きな企画を作っていいと言われる。そこで、妻で脚本家の和田夏十と共に企画したのが『黒い十人の女』である。つまり、突然変異的に作られた妙な映画ではなく、それまでの実績によって、オリジナルで自由奔放に作りたい映画を作ることができる環境が用意されたからこそ実現した作品なのである。



    PAGES

    この記事をシェア

    公式SNSをフォロー

    関連する商品

    • 市川崑の傑作『炎上』『おとうと』『雪之丞変化』の3作品を4Kリマスターで堪能する!『市川崑 4K Master Blu-ray BOX』
    • 市川崑が私設応援団長を自認するほど惚れ込んだ、クレージーキャッツの黄金期が凝縮された『クレージーキャッツ メモリアル DVD-BOX』

    新着うんちく

    NEWS / 特集

    人気うんちく

    上映中のおすすめ作品

    counter
    1. CINEMORE(シネモア)
    2. 映画
    3. 黒い十人の女
    4. オリジナルに垣間見る市川崑テイスト『黒い十人の女』